本田史郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

本田史郎(ほんだ しろう、1957年4月17日 - )は、熊本放送(RKK)アナウンサー。放送部長。

熊本県熊本市出身、西南学院大学卒業、1981年RKKに入社。血液型はA型。座右の銘「少ない言葉で多くを語る」

1981年入社からアナウンサーを務めていたが、2005年4月~2008年3月までラジオ局に所属していた。2008年4月1日より放送部に異動となり、再びアナウンサーとなる。

アノンシスト賞受賞[編集]

JRNJNN加盟39社で放送された番組の中で、最も優秀と認められたアナウンサーに毎年送られる「アノンシスト賞」の全国審査で、第25回(2000年)はテレビ「フリートーク」部門、第27回(2002年)と第32回(2007年)はラジオ「読み・ナレーション」部門で、また第27回(2002年)は、九州地区スポーツ実況部門、第29回(2004年)は、九州地区ラジオ「フリートーク」部門、第31回(2006年)は九州・沖縄地区「読み・ナレーション」部門、第34回(2009年)は九州・沖縄地区「テレビスポーツ実況」部門でそれぞれ最優秀賞を受賞した。

スポーツ実況[編集]

  • スポーツ実況の中でもハンドボールの実況は、1995年以来、日本リーグや五輪予選など、テレビで約30試合の実況経験を持つ。また地元熊本で1997年の男子日本選手権では日本-リトアニア戦をラジオ実況も担当した。ちなみに初めてハンドボール中継の実況を担当したのは、1995年1月15日に地元の熊本県立総合体育館で行われた第19回日本リーグ・オムロン大和銀行(現・りそな銀行)戦だった。

現在の担当番組[編集]

テレビ・ラジオ

ラジオ

過去の担当番組[編集]

ラジオ

テレビ

外部リンク[編集]