山崎雄樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本来の表記は「山﨑雄樹」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。

山﨑 雄樹(やまさき ゆうき、1975年6月16日 - )は、熊本放送(RKK)アナウンサー。

三重県鈴鹿市出身、三重県立津西高等学校立命館大学産業社会学部産業社会学科人間・文化コース卒業。1998年RKKに入社。血液型はO型。座右の銘「実るほど頭を垂れる稲穂かな」。大の卓球愛好家で40歳になったのを機に競技を再開、熊本在住の元日本代表コーチ高木誠也に師事、全日本選手権(マスターズの部)や全九州大会に熊本県代表として出場した。

アノンシスト賞受賞[編集]

  • JRNJNN加盟39社で放送された番組の中で、最も優秀と認められたアナウンサーに毎年送られる「アノンシスト賞」の第34回(2009年度)九州・沖縄ブロック審査で、「ラジオスポーツ実況」部門の最優秀賞を受賞。作品は「サッカーAFCアジアカップ日本代表対イエメン代表」。第39回(2014年度)九州・沖縄ブロック審査で、「テレビスポーツ実況部門」の最優秀賞を受賞。作品は「2013熊本県高校駅伝」第41回(2016年度)九州・沖縄ブロック審査で、「テレビスポーツ実況部門」の最優秀賞、全国審査で優秀賞を受賞。作品は「2015熊本県高校駅伝」 。

担当番組[編集]

テレビ[編集]

  • RKK NEWS JUST.(月「スポーツコーナー」)
  • スポーツ中継(ロアッ熊本ホームゲーム・高校駅伝・熊本城マラソン・高校野球・高校ハンドボールなど)

ラジオ[編集]

過去の担当番組[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

外部リンク[編集]