星の子ポロン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
星の子ポロン
ジャンル 帯番組子供番組教育番組
アニメ
脚本 大貫哲義・村山節子
キャラクターデザイン 桑島東輝
音楽 ジャン=ジャック・ペリーなど
アニメーション制作 日本動画
製作 時報映画社
放送局 #放送局参照
放送期間 1974年4月1日 - 1975年3月21日
話数 全260(520話?)回
その他 カラー/5分2話
テンプレート - ノート

星の子ポロン』(ほしのこポロン)は1970年代に、番組販売目的で製作されたテレビアニメ。 

概要[編集]

CMなどを除くと正味2分しかないにも関わらず話は2本立てという情操教育目的のミニ番組で、交通ルールなど子供たちが守るべき社会のルールが題材となっている。主人公・ポロン以外の登場人物は擬人化された動物である。アニメ作品としては作画枚数は非常に少なく、動きが単調かほとんどないシーンや、静止画のシーンもある。

番組の構成は、オープニングではポロンが登場し「僕、星の子ポロンちゃんだよ。皆見てねー!」と自己紹介を行うとタイトルロゴが表示されて本編に入り、エンディングではポロンが「バイバーイ」と言って去って行くというもの。

仮定する状況が全く現実に即しておらず、1話につき僅か1分強という時間枠に無理に内容を要約しているため、伝えるべきメインテーマが伝わりにくいという本末転倒な問題点を抱えている。場面の説明を省いて次々に話が進み、ポロンが問題を無理矢理解決(解決せず傍観するだけのエピソードもある)して終了するため、考える間もなく視聴者が置き去りにされてしまう。これらの問題点を理由に『チャージマン研!』を超える稀代の不条理・シュールアニメとする向きもある。

なお、2017年に至るまで一切のソフト化がされていない上、フィルムが現存するのかも全く不明である。そもそも日本動画と時報映画社の2社の著作権の帰属元がはっきりしておらず、フィルムの所有権者も不明のままである。

2016年に入ってから、動画投稿サイト「ニコニコ動画」で流行し、第10回アニメ流行語大賞特別賞(組織の力賞)として本作のサブタイトルの1つである「バイバイバナナ」が選ばれた[1]

また、その流行の勢いから2017年5月3日放送の「ニッポンアニメ100」(NHK)で行われた「ベスト・アニメ100」というランキングにおいて総合38位、男性13位という驚異的な順位を叩き出した。

使用楽曲[編集]

オープニング曲 - 「BOYS AND GIRLS」
作曲 - ジャン=ジャック・ペリー
エンディング曲 - 「THE OLD BELL RINGER」
作曲 - ジャン=ジャック・ペリー

劇中では、ジャン=ジャック・ペリーや、ヤンコ・ニロヴィックなどが作曲した楽曲が使用されている。

あらすじ[編集]

宇宙の彼方から地球にやって来たポロンは、動物たちを気に入って地球での暮らしを始める。ところが、やんちゃな動物たちのいたずらやマナー違反によって、色々なところで騒動が起こる。ポロンは呆れながらもこっそり不思議な力を発揮し、悪いことをした動物たちを助けたり懲らしめてやるのだった。

登場キャラクター[編集]

ポロン
- 野沢雅子
坊主頭にアンテナの生えた宇宙人の子ども。空を飛ぶことができる。頭に巻いているバンドの星から光を出して、物を浮かせたり物質を変化させたりして事件を解決する。悪いことをした動物を懲らしめて「やってはいけないこと」を教えるが、懲らしめる手段には過酷なものもある。回によっては事件や騒動に介入せず、その話の教訓に相当する一言を述べるだけの役目として登場する事もある。
ナレーション
声 - 野沢雅子
話のあらすじや状況を説明するだけでなく、時に動物たちに説教をすることもある。

スタッフ[編集]

  • 脚本 - 大貫哲義・村山節子
  • キャラクターデザイン - 桑島東輝
  • 原画 - 鈴木孝夫
  • 動画 - 岩崎純央・町支哲義・坂井文雄・中嶋篤子
  • 撮影 - 服部正行
  • アニメーション制作 - 日本動画
  • 製作 - 時報映画社

各話リスト[編集]

判明分のみ掲載。順不同(この順番は判明された順であるため正式な順番ではない)。

  • 信号機が皆、青になっちゃった!の巻
  • ブレーキをいたずらしてはいけないよの巻
  • 美容コンクールの巻
  • ショーウィンドゥ騒動の巻
  • 大食いカバのまねをした熊さん虎さんの巻
  • 熊さん虎さん道路横断の巻
  • エスカレーター騒動の巻
  • 食堂は大騒ぎの巻
  • 石油を堀り当てたモグラ君の巻
  • ブー吉宙づりの巻
  • コロ助の水まき失敗の巻
  • 強情もほどほどにの巻
  • いたずらクマ君の巻
  • 笑い茸の巻
  • アイスクリームだ走れの巻
  • バイバイバナナの巻
  • 鯉の滝のぼりの巻
  • 水上歩行機の巻
  • モン太の道化大失敗の巻
  • パンダ君変な自転車の巻
  • 虻と虎の子の巻
  • 弱い者いじめの巻
  • スケート場になった危険な道路の巻
  • 弾丸滑降の巻
  • チビパンダの大雪ダルマの巻
  • しっぽが氷っちゃったの巻
  • パンダとキツネの雪合戦の巻
  • スピードはほどほどにの巻
  • 目隠しで恐いものしらずの巻
  • 砂と災難の巻
  • 大地震とモグラ君の巻
  • 赤だぞ走れ!?の巻
  • 信号無視のオオカミ君の巻
  • 赤ちゃんパンダの虹渡りの巻
  • ファッションショーでございの巻
  • ダイナマイトを食べたゴリラ君の巻
  • バナナの皮とゴリラ君の巻
  • トンカツこわいの巻
  • ライトに目がくらむの巻
  • 助け合い運動の巻
  • 学芸会は楽しいの巻
  • 仕事はまじめに!の巻
  • しんまい出前の巻
  • 螢の光の巻
  • かるた取りはきびしいの巻
  • 交通事故に気をつけようの巻
  • 車は恐しいの巻
  • 明日はお天気の巻
  • ハイキングの巻
  • インチキするなの巻
  • ゴーゴーが好きの巻
  • 登山をしようの巻
  • 竹馬は安全にの巻
  • 水まくなの巻
  • 僕の車はスポーツカーの巻
  • あぶない遊びの巻
  • 忘れ物の巻
  • スキーは楽しの巻
  • 風邪はいやの巻
  • 急がば廻れの巻
  • バスの中は大混乱の巻
  • かさはどこだの巻
  • かさはめだつ色にしようの巻
  • 安眠妨害の巻
  • ゆうれい騒動の巻
  • 新しい薬の巻
  • 透明人間の巻
  • いたずら失敗の巻
  • 交通安全教室の巻
  • 変なパンができたの巻
  • りんご園騒動の巻
  • 海底大冒険の巻
  • 盆踊りの巻
  • 危ないバレー・ボールの巻
  • ずるい野球の巻
  • 狸のお尻が燃えたの巻
  • 油断は禁物の巻
  • アトリエの乱入者の巻
  • ベランダ注意の巻
  • なまけものの豚君の巻
  • うそつきうさ君の巻
  • 発明狂狼の巻
  • 貨物列車は行くの巻
  • うるさいラジオの巻
  • 発明失敗の巻
  • 鏡のイタズラの巻
  • 釣り場はテンヤワンヤの巻
  • ひとりで車が走り出すの巻
  • 消防車はよけて通そうの巻
  • 狼ハンターの巻
  • 山小屋は大騒ぎの巻
  • 寝ぼすけカバ君の巻
  • 寝冷えに気をつけての巻
  • 落ちた伝書鳩の巻
  • ホットケーキの焼き方にもの巻
  • ホットケーキはもうたくさんの巻
  • 大食い競争の巻
  • ボールのお世話の巻
  • 水中銃暴発の巻
  • いたずらガエルの巻
  • いたずらネズミの巻
  • モン太自転車乗りの巻
  • 竹馬事件の巻
  • しゃだんきがおりたらの巻
  • 赤いものを探せの巻
  • テレビがおかしいの巻
  • 石けんサンドイッチの巻
  • 山火事は怖しいの巻
  • イタズラはもうしませんの巻
  • 吊橋ブラブラの巻
  • ダイナマイトだ!!の巻
  • 免許とりたての巻
  • 自転車の練習の巻
  • 人さらいの巻
  • 標識のいたずらの巻
  • 温泉旅行の巻
  • ブルドーザーが追ってくるの巻
  • 空缶捨てるなの巻
  • 目が見えないの巻
  • 困った郵便の巻
  • 観光旅行の巻
  • 狂ったメリー・ゴーランドの巻
  • マーケットは大騒ぎの巻
  • 道草カバ君の巻
  • 兄弟げんかの巻
  • やき芋騒動の巻
  • 交通整理は大変だの巻
  • この先行き止まりの巻
  • 部屋はメチャクチャの巻
  • 帰らない弟の巻
  • 春のお誘いの巻
  • ピョン吉がいないの巻
  • 船が沈没の巻
  • セメントに近ずくなの巻
  • 不思議な奇術師の巻
  • スカンクきらいの巻
  • 伝染病をやっつけろの巻
  • うさぎ君風邪ひきの巻
  • サンタクロースは大弱りの巻
  • 冬山はこわいの巻
  • 凧凧上がれの巻
  • 地下室ほろうの巻
  • 狸の鐘つきの巻
  • 煙モックモクの巻
  • 迷探偵の巻
  • 催眠術は恐しいの巻
  • おおさむこさむの巻
  • 地震は恐しいの巻
  • 狼君きらいの巻
  • 紙ヒコーキの巻
  • スーパーマンになった豚君の巻
  • 宇宙人のヘルメットの巻

放送局[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

備考[編集]

  • かつて学習研究社が発行していた「一年のくに」に同名の絵物語があるが、関係は不明。

脚注[編集]

  1. ^ 結果発表『ガジェット通信 アニメ流行語大賞2016』は大波乱!  “ガルパン”と“星の子ポロン”の結果はいかに!?”. ガジェット通信 (2016年12月2日). 2016年12月4日閲覧。
  2. ^ 放送期間は1974年4月1日から1975年3月21日
  3. ^ 星の子ポロンメディア芸術データベース 2015年10月17日閲覧
  4. ^ 放送期間は1977年1月21日 - 1977年11月2日、放送時間は平日 17:10 - 17:15。また、1980年にも平日 18:25 - 18:30に再放送。

外部リンク[編集]