時報映画社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

時報映画株式会社は、かつて存在した教育映画の制作会社・アニメ制作会社である。

概要[編集]

教育映画、テレビアニメなどを手掛けていた会社である。本社は1994年に東京都港区浜松町一丁目25番5号より移転し東京都中央区日本橋小伝馬町16番6号に所在していた。

1961年2月21日設立。

作品[編集]

実写[編集]

教育映画[編集]

  • 防衛運転追従と追越 (カラー、27分、配給:映研)[1]
  • 求婚Uターン (カラー、27分、配給:映研)[1]
  • 交差点 -処分者講習用- (カラー、20分、配給:映研)[1]
  • 0.5ミリの悲劇 (モノクロ、26分、配給:映研)[2]
  • 安全運転・追突防止編 (カラー、20分、配給:映研)[2]
  • 対歩行者編-安全運転- (カラー、23分、配給:映研)[2]
  • 追突 (カラー、25分、配給:映研)[2]
  • 安全運転シリーズ-自然の法則- (カラー、20分、配給:映研)[2]
  • あっ!あぶない-あなたを守る運転法- (カラー、22分、配給:映研)[2]
  • 盲点 (カラー、20分、配給:映研)[2]
  • わきみ運転 (カラー、23分、配給:映研)[2]
  • 安全運転・右折編 (カラー、22分、配給:映研)[2]
  • 怒りと運転 (カラー、27分、配給:映研)[3]
  • 幼児とお年寄りを守ろう (カラー、25分、配給:映研)[3]
  • 自転車の安全な乗り方教室 (モノクロ、20分、配給:映研)[3]
  • 運転手さんありがとう (カラー、20分、配給:映研)[3]
  • おり鶴の祈り (カラー、31分、配給:映研)[3]
  • 歩行者保護 (カラー、20分、配給:映研)[3]
  • みんな笑顔 (カラー、29分、配給:映研)[4]
  • 大いなる前進 (モノクロ、26分・28分、配給:映研)[4]
  • 第三の被害者 (カラー、23分、配給:映研)[4]
  • ぼくらの交通安全 (モノクロ、27分、配給:映研)[4]
  • 泣き寝入はイヤッ! (カラー、26分、配給:映研)[4]
  • この子いずこへ (モノクロ、27分、配給:映研)[4]
  • 飲酒運転の悲劇 (カラー、23分、配給:映研)[5]
  • 聴聞(ちょうもん) (モノクロ、18分、配給:映研)[5]
  • 戦慄の記録 (カラー、27分、配給:映研)[5]
  • ひきにげ (カラー、31分、配給:映研)[5]
  • 転落事故 (カラー、26分、配給:映研)[5]
  • スピードの恐怖 (カラー、22分、配給:映研)[5]
  • 安全運転 (モノクロ、27分、配給:映研)[6]
  • ある運転者の記録 (モノクロ、27分、配給:映研)[6]
  • 明るい交通 (1960年)[7]
  • 街の狼 (1961年、モノクロ、25分、企画:警察庁防犯部防犯課)[8]
  • あぶない男たち (1961年、モノクロ、20分、企画:警察庁防犯部防犯課)[8]
  • 太陽は沈まず (1962年[9]、企画:全日本交通安全協会[9]、モノクロ、20分、配給:映研)[4]
  • 価値なき13分 (1963年[9]、企画:警察庁交通局[9]、モノクロ、21分、配給:映研)[5]
  • 黄色い小旗 (1963年[9]、企画:警察庁交通局[9]、カラー、25分、配給:映研)[3]
  • 日本のおまつり・甘酒まつり (1963年)[9]

PR映画[編集]

自主制作映画[編集]

  • 鳥は自由なのに (1975年)[11]

アニメ[編集]

テレビシリーズ[編集]

映画[編集]

  • ぜんちゃんの交通日記 (1962年[9]、企画:全日本交通安全協会[9]、カラー、25分、配給:映研、人形アニメ)[4]
  • ぜんちゃん、つーちゃん (1971年[15]、監修:全日本交通安全協会[15]、カラー、15分、配給:映研)[4]
  • ツーちゃんといっしょに見よう (1973年[15]、カラー、15分、配給:映研)[3]
  • トンボになったヤッちゃん (1973年[15]、カラー、15分、配給:映研)[4]
  • ヤッちゃんと火星の子 (1974年、企画:全日本交通安全協会)[15]
  • ヤッちゃんと新入生 (1975年、企画:全日本交通安全協会)[15]
ピンク映画[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『教育機器・教材総合目録 昭和49年版』全日本能率連盟人間能力開発センター、1974年、355頁。
  2. ^ a b c d e f g h i 『教育機器・教材総合目録 昭和49年版』全日本能率連盟人間能力開発センター、1974年、356頁。
  3. ^ a b c d e f g h 『教育機器・教材総合目録 昭和49年版』全日本能率連盟人間能力開発センター、1974年、357頁。
  4. ^ a b c d e f g h i j 『教育機器・教材総合目録 昭和49年版』全日本能率連盟人間能力開発センター、1974年、358頁。
  5. ^ a b c d e f g 『教育機器・教材総合目録 昭和49年版』全日本能率連盟人間能力開発センター、1974年、359頁。
  6. ^ a b 『教育機器・教材総合目録 昭和49年版』全日本能率連盟人間能力開発センター、1974年、360頁。
  7. ^ a b c d 『映画年鑑 1962年版』時事通信社、1962年。
  8. ^ a b 『PR映画年鑑 1966年版』日本証券投資協会、1966年、184頁。
  9. ^ a b c d e f g h i j k 『映画年鑑 1964年版』時事通信社、1964年。
  10. ^ a b c d e 『映画年鑑 1963年版』時事通信社、1963年。
  11. ^ 『読売新聞』1975年7月19日付夕刊
  12. ^ 『週刊文春』昭和44年12月1日号
  13. ^ アニメージュ編集部『TVアニメ25年史』徳間書店、1988年、53頁。
  14. ^ アニメージュ編集部『TVアニメ25年史』徳間書店、1988年、51頁。
  15. ^ a b c d e f 山口且訓, 渡辺泰『日本アニメーション映画史』有文社、1977年。
  16. ^ 『映画年鑑 1974年版』時事通信社、1974年。