日本IBM藤沢事業所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本IBM藤沢事業所(にほんアイビーエムふじさわじぎょうしょ)は神奈川県藤沢市(桐原町1番地)にかつて存在した、日本アイ・ビー・エム(米国IBMの日本法人)の事業所。コンピュータ関連の工場と開発研究所があった。

2002年12月、日立製作所がIBMのハードディスク部門(IBM藤沢工場を含む)を買収して、日本IBM藤沢事業所は日立グローバルストレージテクノロジーズ社へ売却された。

概要[編集]

神奈川県藤沢市の北部、桐原工業団地と呼ばれる所にコンピューター工場を設立した(桐原町1番地、敷地面積:11万8千平方メートル)。近くにはいすゞ自動車の主要工場もある[1]

藤沢工場[編集]

日本IBMの工場は第二次世界大戦後、まず東京都大田区糀谷羽田飛行場近く)に輸入品調整工場が設立され、次に千鳥町工場大田区千鳥町)へ移転してパンチカード・システムIBMカードIBM 1440コンピューターなど製造を行なった。

その後1967年にはIBM藤沢工場(藤沢市桐原町1番地)を設立・移転した。

藤沢工場では、次のような製品を製造した。

1971年のIBM野洲工場の開始と共に、System/360System/370IBM 4341などの製造はそちらへ移動し、大勢の社員も慣れない関西の環境(借家の敷金は関東の約二倍[2]など)へ移った[3]

2002年12月、日立製作所がIBMのハードディスク部門(IBM藤沢工場を含む)を買収して、日本IBM藤沢事業所は日立グローバルストレージテクノロジーズ社へ売却され[5]、その後2012年にはさらにウェスタン・ディジタルに買収された。

藤沢開発研究所[編集]

1972年に、新製品・サービスを開発するIBM日本開発研究所(IBM Japan Development Laboratory)が開設された。その後藤沢駅近辺への移転を経て、1975年には藤沢事業所内の工場に隣接して増築したIBM藤沢開発研究所へ移転した。

藤沢開発研究所では次のような新製品・サービスを開発・発表した。

世界向け
  • IBM 3767 - プリンター端末機 & SNA ( 1974年)
  • IBM 3276 - 3270表示・制御装置 (1975年)
  • IBM 3101 - ASCIIコードを用いた表示端末(1979年)
日本および東アジア向け

1985年に、藤沢開発研究所は新築のIBM大和事業所神奈川県大和市)へ移転して、IBM大和開発研究所と呼ばれた。

アクセス[編集]

協力会社[編集]

工場関係

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]