山口明夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

山口 明夫(やまぐち あきお、1964年8月29日 - )は、日本システムエンジニア実業家日本アイ・ビー・エム代表取締役社長経済同友会副代表幹事。東京理科大学大学院経営学研究科技術経営(MOT)専攻上席特任教授。

人物・経歴[編集]

和歌山県那賀郡桃山町(現:紀の川市桃山町)で、あら川の桃ミカンなどを栽培していた農家長男として生まれる[1][2]和歌山県立那賀高等学校を経て、理系の勉強が好きで情報技術に将来性を感じたため、大阪工業大学工学部経営工学科(現:情報科学部データサイエンス学科)に進学し、FORTRANなどを学んだ。在学中は風呂なしトイレ共同の家賃1万円強のアパートに住み、千林商店街スポーツ用品店や、守口市コンビニエンスストア関目駅ハンバーガー店などでアルバイトをし、成績は不振だった[1]

1987年に大阪工業大学を卒業し[1][3]ゼミナール栗山仙之助教授、能勢豊一教授の推薦で[1]、日本アイ・ビー・エムに入社[3]。サービス技術部門ソフトウェア技術本部第三技術所配属となり、その後、金融機関担当のシステムエンジニアに就任[4][5]。2000年社長室経営企画担当部員。2002年サービス事業金融ITインフラサービス部長。2004年ソフトウェア事業テクニカルセールス本部長。2005年IBMソフトウェア事業テクニカルセールス担当役員補佐。2007年理事グローバル・ビジネス・サービス事業次世代金融システムプロジェクト担当[4]

2009年執行役員グローバル・ビジネス・サービス事業アプリケーション開発事業担当。2012年執行役員グローバル・ビジネス・サービス事業金融サービス事業担当。2014年常務執行役員グローバル・ビジネス・サービス事業本部サービス事業統括担当。2016年専務執行役員グローバル・ビジネス・サービス事業本部アプリケーション・イノベーション・コンサルティング兼統合サービスソリューション&デリバリー担当[4]

2017年専務執行役員グローバル・ビジネス・サービス事業本部サービスデリバリー統括兼クラウドアプリケーションイノベーション兼グローバル・バンキング・サービス事業部担当兼IBMコーポレーション経営執行委員。2017年取締役専務執行役員グローバル・ビジネス・サービス事業本部本部長。2019年には日本人としては橋本孝之以来7年ぶりとなる代表取締役社長執行役員に就任[4][6]。趣味はゴルフテニスで、日本アイ・ビー・エムのテニス部部長も務めた[6]。2022年経済同友会副代表幹事[7]東京理科大学大学院経営学研究科技術経営(MOT)専攻上席特任教授[8]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]

先代
エリー・キーナン
日本アイ・ビー・エム社長
2019年 -
次代
(現職)