マーティン・イェッター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マーティン・イェッター(Martin Jetter、1959年 - )はドイツ出身のエンジニアビジネスマンで、ドイツIBMでジーメンス社担当ゼネラルマネージャーなどを勤めたのち、ドイツIBM社長、IBM本社戦略担当副社長などを歴任して、2012年には日本IBMの社長となった。

学歴[編集]

ドイツのシュトゥットガルト大学工学部卒業後、同大学の機械工学科で修士号を得た。 [1]

職歴[編集]

1986年にドイツIBMへアプリケーション・エンジニアとして入社し、1999年からドイツ・オーストリア・スイスIBMのインダストリアル事業部担当マネージャー、2001年からドイツIBMのジーメンス社担当ゼネラルマネージャーなどを経て、2006年からドイツIBMの社長、2011年からIBM本社戦略担当副社長などを歴任した。2012年5月から日本IBMの社長。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ マーティン・イェッターの略歴

外部リンク[編集]