日本アルコール産業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本アルコール産業株式会社
Japan Alcohol Corporation
種類 株式会社
略称 J.alco
本社所在地 日本の旗 日本
103-0024
東京都中央区日本橋小舟町6番6号
HSビル6階
設立 2006年(平成18年)4月1日
業種 化学
法人番号 2010001122204
事業内容 発酵アルコールの製造・販売
代表者 嶋津泰基代表取締役社長)
峰田文雄(代表取締役副社長 社長補佐兼合成アルコール担当)
勝野龍平(代表取締役副社長 関連事業本部長)
資本金 30億円
発行済株式総数 60,000株
売上高 286億9,097万9千円(2017年3月期)
営業利益 21億7,590万0千円(2017年3月期)
経常利益 22億5,792万1千円(2017年3月期)
純利益 15億4,537万9千円(2017年3月期)
純資産 306億5,816万1千円(2017年3月31日現在)
総資産 359億725万0千円(2017年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 日本アルコール販売株式会社 66.63%
政府出資 33.37%
主要子会社 日本合成アルコール株式会社 66.67%
外部リンク www.j-alco.com ウィキデータを編集
テンプレートを表示

日本アルコール産業株式会社(にっぽんアルコールさんぎょう)は、日本アルコール産業株式会社法(平成17年法律第32号)に基づいて、酒税法で規定されている酒類ではない発酵アルコール(工業用アルコール[注釈 1])の製造販売等を行う特殊会社。通称はJ.alco(ジェー・アルコ)。

海外から輸入した粗留のアルコールを精製しているが、国産・海外産の糖蜜を原料にして発酵過程からの製造も行っている(鹿児島県・出水工場)。アルコールのほかにも、発酵過程から出る副生物から肥料や肥料・飼料の原料も製造しており、アルコールを使用した除菌・消臭剤なども製造している。

沿革[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ アルコール事業法が定める90度以上のエタノールを含むアルコール。

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]