斎藤雅広

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

斎藤 雅広(さいとう まさひろ、1958年12月30日 - )は、日本のピアニスト。作曲家、編曲家としても活動している。東京都渋谷区生まれ。父は藤原歌劇団バリトン歌手斎藤達雄。伯母に昭和の流行歌手青葉笙子、従兄弟に伊達泰宗がいる。

来歴[編集]

4歳よりピアノを始め、6歳の時からNHK教育テレビ「ピアノのおけいこ」に出演。東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て、東京藝術大学音楽学部卒業。1983年に同大学院修了。大学1年の時、第46回毎日音楽コンクールピアノ部門第1位。「芸大のホロヴィッツ」と称された[1]。その後、安宅賞・霧島国際音楽賞受賞。田村宏、エウゲニ・マリーニン、レギナ・スメンジャンカ、ハリーナ・チェルニー=ステファンスカ等に師事。チェルニー=ステファンスカの招きでポーランドの古都クラクフに留学。演奏会のデビューは、1978年の第4回「若い芽のコンサート」(NHKホール)。渡辺暁雄指揮、NHK交響楽団との共演である。福永陽一郎から80年代を担う音楽家のカテゴリーで「他の誰彼以上というのではなく、個の存在価値として“絶対”を感じさせる若手」と称された[2]

ソロ活動とアンサンブル活動の比重は同等で、室内楽ではヨゼフ・スーク、ペーター・ヴェヒター、アナスタシア・チェボタリョーワ(以上ヴァイオリン奏者)、ペーター・シュミードルエルンスト・オッテンザマーヴェンツェル・フックス(以上クラリネット奏者)、ヴォルフガング・シュルツフルート奏者)、フリッツ・ドレシャル(チェロ奏者)、ヨウコ・ハルヤンネ(トランペット奏者)、ヤナーチェク弦楽四重奏団、新ブダペスト弦楽四重奏団、ヴィア・ノヴァ四重奏団、ドビュッシー弦楽四重奏団、ザルツブルク八重奏団、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団パリ管弦楽団のメンバーなどとの共演を重ねている。また、歌曲伴奏では、イロナ・トコディ、ルチア・アルベルティ、ディミトラ・テオドッシュウ、カミッラ・ニールント(以上ソプラノ歌手)、デニス・グレイヴス、リューボフ・ペトローヴァ(以上メゾ・ソプラノ歌手)、フランチェスコ・アライサ、ハンス・ペーター・ブロホヴィッツ、ヴィンチェンツォ・ラ・スコーラ(以上テノール歌手)、トム・クラウゼ、サイモン・エステス(以上バリトン歌手)など名歌手達との共演が多い。

邦人アーティストとはリサイタル共演の他に、「斎藤雅広と仲間たち」というリーダー・ユニットで、ファミリーコンサートを手掛けている。2003年より赤坂達三(クラリネット奏者)、足立さつき(ソプラノ)と「ザ・スーパートリオ」を結成、現在に至る。また2012年には赤坂達三と「ザ・スーパーデュオ」、2013年からは「ザ・スーパーデュオ」に新倉瞳(チェロ奏者)を加えたトリオを創設している。2006年ごろから、ピアノ複数台を使用する演奏会に力を入れ、杉並公会堂での、スタインウェイ、ベーゼンドルファー、ベヒシュタインの世界3大ピアノの演奏会は毎年行われている。

1998年からのNHK教育テレビ番組「トゥトゥアンサンブル」では、メインキャラクター「キーボーズ」役を務めた。また、1999年には、NHK教育テレビ「趣味悠々」で日本人クラシックピアニスト初の講師となり、2005年にも「趣味悠々~かっこよく弾く簡単ピアノレッスン」の講師として再び登場した。その他、NHK「名曲アルバム」、「ベストオブクラシック」、「ニューイヤーオペラコンサート」など、数多くの放送番組に出演している。

近年、作・編曲家としての活動を広げ、楽譜の出版の他、コンサートやレコーディング、出演したTV番組などに数限りないアレンジを提供。3台ピアノによるコンサートをはじめ、CDアルバムにおける日本歌曲、『ザ・スーパートリオ』、『ザ・スーパーデュオ』は自らの編曲によるものである。

その他にも、雑誌の執筆、NHK-FM番組解説などの評論活動、コンサートの司会、雑誌連載は月刊「モーストリー・クラシック」にて「ピアノ虎の穴」(2001-2002)、月刊「ぴあのの本」(2001-2002)、月刊「ショパン」誌にイラストの連載(1996-1997)、同じく「ショパン」での対談の連載(20014-)、などがある。

指揮者として京都フィルハーモニー室内合奏団東京交響楽団と共演、毎日音楽コンクールをはじめ各ピアノ・コンクールの審査もしている。教育活動では大阪音楽大学、コンセルヴァトアール尚美に特別非常勤講師として7年ずつ籍を置いた。また、現在は若手のCDデビューのプロデュースを手掛けて、共演も行っている。

1995年にウクライナ共和国の第5回国際音楽祭に招かれてソロ演奏とマスタークラス、2012年はポーランドの国際音楽祭に講師として招かれてリサイタルも行った。2017年夏は、フランス、アルザス地方で開かれる国際音楽祭「ムジカルタ(musicalta)」に招聘されている。

ディスコグラフィー[編集]

リーダーアルバム(CD)

  • 1995  『ドヴォルザーク ピアノ五重奏曲op.81/シューベルト ピアノ五重奏曲(鱒)』(共演:ヤナーチェク弦楽四重奏団/ザルツブルグ八重奏団)
  • 1997.5 『Masahiro Saitoh Live with Friends シューマンピアノ五重奏曲ほか』(共演:フルート/萩原貴子 ソプラノ/イロナ・トコディ ヤナーチェク弦楽四重奏団)
  • 1999.9 『こどものためのピアノアルバム/小品集』(ピアノソロ)
  • 2000.6 『フォーレ ピアノ四重奏曲第1番 ピアノ五重奏曲第1番』(共演:ザルツブルグ・モーツァルテウム弦楽四重奏団)
  • 2000.8 『マイ・ロマンス/小品集』(ピアノソロ)
  • 2001.5 『ピアノ アラウンド・ザ・ワールド/小品集』(共演:ベース/ブレント・ナンシー ドラムス/ブラッド・ジョンストン)
  • 2002.8 『The Virtuoso/展覧会の絵』(ピアノソロ)
  • 2012.6 『1979年のリサイタル/ラフマニノフ ピアノソナタ第2番』(ピアノソロ)
  • 2016.5 『杉並公会堂・華麗なるピアノ3重弾 斎藤雅広と仲間たち』(共演ピアノ/近藤嘉宏、熊本マリ、松本和将、三舩優子、関本昌平、須藤千春、高橋多佳子、冨永愛子)
  • 2016.6 『NHK CD 斎藤雅広放送録音コレクション メフィストワルツ・イスラメイ』(ピアノソロ)
  • 2016.12 『メランコリー 斎藤雅広』(ピアノソロ)

ユニットアルバム(CD)

  • 2008.4 『ザ・スーパートリオ』(ピアノ&編曲/斎藤雅広 ソプラノ/足立さつき クラリネット/赤坂達三)
  • 2012.12 『ザ・スーパーデュオ』(ピアノ&編曲/斎藤雅広 クラリネット/赤坂達三)
  • 2013.9 『トリオ・ドゥ・ラヴァンチュール~神曲・秘曲 ダンディ 鳥の歌』(ピアノ&編曲/斎藤雅広、クラリネット/赤坂達三、チェロ/新倉瞳)

伴奏共演アルバム(CD)

  • 1991.4 『イロナ・トコディ ライヴ・イン東京』(ソプラノ/イロナ・トコディ
  • 1993.5 『イロナ・トコディ ライヴ・イン東京Ⅱ』(ソプラノ/イロナ・トコディ バリトン/ファン・ポンス)
  • 1994.12 『イロナ・トコディ ライヴ・イン東京Ⅲ』(ソプラノ/イロナ・トコディ)
  • 1998.9 『イスファハンの薔薇』(ソプラノ/雨谷麻世)
  • 1998.10 『日本の作曲 21世紀へのあゆみ』(ソプラノ/柳沢涼子)
  • 1998  『イタリア・ロマンティック名曲集』(ソプラノ/イロナ・トコディ)
  • 1999.4 『日本の旅路』(ソプラノ/シャーロット・ロスチャイルド)
  • 1999.4 『細江紀子 トスティとR.シュトラウスを歌う』(ソプラノ/細江紀子)
  • 1999.7 『日本のうた ~さくら横丁』(ソプラノ/雨谷麻世)
  • 1999.9 『内田勝人 ふたりのピアノ』(ピアノ連弾/東京純心女子短期大学卒業生)
  • 1999.11 『クラリネット・リサイタル』(クラリネット/武田忠善)
  • 1999  『1999 SOMEWHERE』(ソプラノ/萩原かおり)
  • 2000.4 『水彩画 ~グリーン 足立さつき フォーレ/ドビュッシー歌曲集』(ソプラノ/足立さつき)
  • 2000.4 『柳貞子 愛しい日本のうたたち』(メゾソプラノ/柳貞子)
  • 2000.6 『戸田弥生 エネスコ/J.S.バッハ』(ヴァイオリン/戸田弥生)
  • 2000.11 『カルメン・ファンタジー』(フルート/萩原貴子)
  • 2000.12 『美空ひばり オン・フルート』(フルート/萩原貴子)
  • 2002.8 『私のふるさと』(ソプラノ/足立さつき)
  • 2003.2 『日本のこころを歌う』(ソプラノ/細江紀子)
  • 2003.7 『Eternamente ~永遠に』(ソプラノ/家田紀子)
  • 2006.5 『懐かしき想い ~宵待草』(ソプラノ/家田紀子)
  • 2008.4 『プッチーニの軌跡』(ソプラノ/家田紀子)
  • 2009  『こどもたちへのリトグラフ』(アルト/澤滋)
  • 2013.10 『なんと素晴らしいことか-opera arias』(ソプラノ/藤井泰子)
  • 2014.10 『武田忠善 クラリネット・リサイタル 35th debut anniversary』(クラリネット/武田忠善)
  • 2016.2 『益子 侑 ヴァイオリン・リサイタル R・シュトラウス』(ヴァイオリン/益子侑)
  • 2017.5 『中村あんり フレンチオーボエの飛翔』(オーボエ/中村あんり ファゴット/霧生吉秀)
  • 2017.6 『萩原貴子 フレンチソナタ プロコフィエフ・フランク・ライネッケ』(フルート/萩原貴子)

主な楽譜

  • NHK出版 『斎藤雅広 マイ・ロマンス「お父さんのためのピアノアルバム」』
  • 音楽之友社 『斎藤雅広 ピアノで気分は世界旅行』
  • ヤマハ  『ピアノ曲集/音楽のくすり第1巻~第4巻』
  • ヤマハ  『珠玉のクラシックピアノアルバム/3大テノール』(共著)
  • ヤマハ  『ポピュラーピアノアルバム「ラヴ・アンド・バラード1」』(共著)
  • ヤマハ  『ポピュラーピアノアルバム「ラヴ・アンド・バラード2」』(共著)

その他

  • DVD  『かっこよく弾く簡単ピアノレッスン(基礎編)』
  • DVD  『かっこよく弾く簡単ピアノレッスン(応用編)』
  • DVD(CD)『NHK名曲アルバム』(グリーグのピアノ協奏曲/スプリング・ソナタ/幻想即興曲)

出演番組[編集]

主なテレビ出演

  • 1997.1 『新春/日本の叙情歌』NHK総合
  • 1997.4-1999.3 『トゥトゥアンサンブル』NHK教育
  • 1999.10-12 『趣味悠々 ~いますぐ始めるお父さんのためのピアノ講座』NHK教育
  • 2003.1 『NHKニューイヤーオペラコンサート』NHK教育
  • 2005.6-8 『趣味悠々 ~秘密のテクニック教えます! かっこよく弾く簡単ピアノレッスン』NHK教育
  • 2005.6 『生活ほっとモーニング ~ほっと10時台』NHK総合
  • 2006.1.6-27 『たけしの誰でもピカソ ~1ヶ月でピアノ弾けます!』テレビ東京
  • 2006.4 『ブラボー!クラシック』BS日本テレビ
  • 2006.5.20 『親と子のTVスクール』NHK教育
  • 2007.1 『NHKニューイヤーコンサート名古屋』NHK教育・NHK BS

主なラジオ出演

  • 演奏収録としてNHK-FM『午後のリサイタル』『ベスト・オブ・クラシック』『FMリサイタル』『名曲リサイタル』『クラシックサロン』など
  • トーク・ゲストとして1996年より2007年までにNHK-FM『サタデーホットリクエスト』7回、NHK-FM『音楽ジャーナル』(1998)、TBSラジオ『大沢悠里のゆうゆうワイド』(2000)、NHKラジオ第1『こども夢質問箱』講師、同『私の音楽ファイル』(2003)、京都KBSラジオ『山崎弘士の人めぐり・音めぐり』(2006)など

脚注[編集]

出典

[ヘルプ]
  1. ^ 音楽の友社;「ピアノとピアニスト2003」
  2. ^ 音楽の友社;「音楽の友」1980年2月号

外部リンク[編集]