弥勒寺官衙遺跡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
弥勒寺官衙遺跡(群)
弥勒寺官衙遺跡.JPG
弥勒寺官衙遺跡と弥勒寺(奥)
種類古代官衙・寺院
所在地岐阜県関市池尻
座標北緯35度30分20秒 東経136度53分37秒 / 北緯35.50556度 東経136.89356度 / 35.50556; 136.89356座標: 北緯35度30分20秒 東経136度53分37秒 / 北緯35.50556度 東経136.89356度 / 35.50556; 136.89356

弥勒寺官衙遺跡(みろくじかんがいせき)、または弥勒寺官衙遺跡群(みろくじかんがいせきぐん)は、岐阜県関市池尻ならびに美濃市大矢田にある遺跡である。弥勒寺跡の東に隣接することから弥勒寺東遺跡とも呼ばれる。国の史跡に指定されている[1]

概要[編集]

律令制下の古代武儀郡衙(郡の役所)の遺構である。1994年平成2年)に発掘調査が開始され、以後8次にわたり調査が行われ2007年(平成19年)に国の史跡に指定された。

文献に言及されている郡衙の施設(郡庁院、正倉院、たち厨家くりやなど)が、全て把握可能な全国的に類例のない遺跡であり、隣接する古代寺院弥勒寺が建立された7世紀後半から郡衙が存在した奈良時代初頭から平安時代中期、さらに中世の遺構が重なる複合遺跡でもある。

この一帯には弥勒寺跡弥勒寺西遺跡があり弥勒寺官衙遺跡群として発掘調査が継続されている。1959年(昭和34年)に「弥勒寺跡 附:丸山古窯跡」として国の史跡に指定。2007年(平成19年)に周辺の遺跡を追加指定して、指定名称を「弥勒寺官衙遺跡群」と改めた[1]。2016年、池尻大塚古墳が追加で構成史跡に指定された。

遺構[編集]

  • 正倉院
    東西約130メートル×南北約40メートルの範囲が細長い溝で区画され、8棟の正倉を確認。
  • 郡庁院
    東西約50メートル×南北約60メートルの掘立柱塀で囲まれ、正殿と東西の脇殿を「品」字形に配置する建物群。この遺跡が発見される前は国府政庁でしかこの配置は確認されておらず郡衙の常識を覆す発見であった。
  • 豪族居宅
  • 評衙

円面硯など出土した遺物の一部は関市円空館の常設コーナーにて展示されている。

脚注[編集]

  1. ^ a b 弥勒寺官衙遺跡群 岐阜県関市

関連項目[編集]

外部リンク[編集]