弥勒寺西遺跡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
弥勒寺西遺跡内の関市円空館

弥勒寺西遺跡(みろくじにしいせき)は、岐阜県関市池尻にある史跡である。弥勒寺跡の西に隣接する谷間に展開する。

概要[編集]

奈良時代後半から行われていた祭祀工房跡で、2002年に実施された関市円空館建設に伴う発掘調査により明らかになった。また2006年11月から2007年2月におこなわれた第2次調査では弥勒寺に関する役所や僧房と考えられる建物群が存在していたことが明らかになった。

この一帯には弥勒寺跡弥勒寺官衙遺跡があり、これらは「弥勒寺官衙遺跡群」として国の史跡に指定され、発掘調査が継続されている。

8世紀後半~9世紀にかけての多数の墨書土器(須惠器)など、出土した遺物の一部は関市円空館の常設コーナーにて展示されている。

関連項目[編集]