布引の滝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

布引の滝(ぬのびきのたき)は、日本におけるの名称のひとつである(本項では「布引の滝」以外に「布引滝」、「布曳滝」表記のものも含めて記載する)。

概要[編集]

一般に、滝の流れる様子をまるで布を垂らしたように美しく見えることから名付けられており、白糸の滝と同じような由来と言える。日本全国各地に同名の滝が複数存在する。

日本各地の布引の滝[編集]

  • 布引の滝 (北海道) - 北海道札幌市南区定山渓にある滝。水量が少なく冬場は凍結するためアイスクライミングで有名。
  • 布引の滝 (山形県) - 山形県米沢市にある日本の滝百選にも選ばれた滑川大滝のすぐ右上流に落ちる滝。落差50m。
  • 布引の滝 (栃木県) - 栃木県日光市栗山郷にある2段の段瀑。落差が関東一の129mを誇る秘瀑。
  • 布引の滝 (新潟県) - 新潟県魚沼市守門岳におちる滝。登山道の途中で見える2段の段瀑。落差30m。
  • 布引滝 (長野県大町市) - 長野県大町市爺ヶ岳スキー場の奥にある落差70mの段瀑。
  • 布引滝 (長野県松本市) - 長野県松本市にある落差30mの2段の段瀑。南黒沢支流布引沢にある秘瀑。
  • 布引の滝 (岐阜県) - 岐阜県高山市にある落差30mの滝。苔むした岩肌に幅広で落ちる分岐瀑。
  • 布引の滝 (三重県津市) - 三重県津市白山町垣内にある雲出川水系、垣内川の支流・滝谷川にかかる段瀑。青山高原のハイキングコースから見える。
  • 布曳滝 (三重県四日市市) -三重県四日市市水沢の宮妻峡にある落差12mの分岐瀑。
  • 布引の滝 (三重県熊野市) - 三重県熊野市にある滝で日本の滝百選の一つ。4段の段瀑。
  • 布引の滝 (三重県紀宝町) - 三重県紀宝町鮒田地区にある落差30mの滝。斜めの岩肌を落ちる斜瀑。
  • 布曳滝 - 三重県名張市赤目町を流れる滝川の渓谷にある赤目四十八滝を構成する滝。赤目五瀑に含まれる。落差30m、滝壺の深さ30m。
  • 布引滝 (奈良県) - 奈良県曽爾村にある落差30mの滝。斜めの岩肌を落ちる斜瀑。
  • 布引の滝 (和歌山県) - 和歌山県新宮市にある落差55mの滝。2011年に豪雨災害があり、周囲が開けたため国道から見易くなった。
  • 布引滝 (京都府) - 京都府与謝郡伊根町にある滝。丹後半島最大の滝で落差は約100mに及び、白布を長く垂れたように見えることから「布引滝」と呼ばれる。また、降雨時の雨量が多いときにしか流れが見えないため、「幻の滝」などとも称される。
  • 布引の滝 (兵庫県) - 兵庫県神戸市中央区にある布引渓流(名水百選)にある4つの滝(雄滝・雌滝・夫婦滝・鼓滝)の総称。日本の滝百選に選ばれており、日本三大神滝のひとつでもある。日本三大名瀑にも選ばれることがある。布引滝とも表記する。名瀑として知られる古来の景勝地。
  • 布引の滝 (鳥取県) - 鳥取県鳥取市にある崖となった山の中腹から湧き出る落差30mの潜流瀑。日本の滝百選に選ばれた雨滝の周辺にある四十八滝の一つ。
  • 布引の滝 (愛媛県) - 愛媛県久万高原町にある面河渓の最上流にある滝。普段はほぼ枯れており、雨天時等に流れる。
  • 布引の滝 (宮崎県) - 宮崎県延岡市にある落差27mの滝。布引林道途中に布引の滝があるが道がないため見る人も少ない。
  • 布引の滝 (鹿児島県姶良市) - 鹿児島県姶良市にある落差20mの滝。別名「白銀の滝」。
  • 布引の滝 (鹿児島県屋久島町) - 鹿児島県屋久島町にある落差50mの滝。屋久島の北端にあり、周辺は布引の滝公園として整備されている。

関連項目[編集]