定山渓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
定山渓
—  大字  —
冬の定山渓温泉
定山渓の位置(札幌市内)
定山渓
定山渓
定山渓の位置
座標: 北緯42度58分7.38秒 東経141度10分0.81秒 / 北緯42.9687167度 東経141.1668917度 / 42.9687167; 141.1668917
Flag of Japan.svg 日本
都道府県 Flag of Hokkaido Prefecture.svg 北海道
市町村 Flag of Sapporo, Hokkaido.svg 札幌市
南区
人口 (2017年(平成29年)1月1日現在[1])
 - 計 1,148人
等時帯 JST (UTC+9)
郵便番号 061-2301(定山渓)
061-2302(定山渓温泉東)
061-2303(定山渓温泉西)
市外局番 011(札幌MA)
ナンバープレート 札幌

定山渓(じょうざんけい)は、北海道札幌市南区の地名。なお、「定山渓」として取り上げられる場合、「定山渓温泉東」と「定山渓温泉西」とを含める場合がほとんどである。

地区内に定山渓温泉があり温泉街を形成している。

区域[編集]

定山渓
広義の「定山渓」より、定山渓温泉の地域を除いた部分である。
定山渓ダム豊平峡ダムがある。豊平峡温泉薄別温泉があるほか、札幌国際スキー場もこの区域に所在する。
定山渓温泉東
1969年10月31日までは定山渓鉄道定山渓駅が存在していた。
定山渓温泉西
定山渓ホテルホテル鹿の湯などのホテルが営業している。

住所[編集]

町丁 郵便番号
定山渓 061-2301
定山渓温泉東1丁目~4丁目 061-2302
定山渓温泉西1丁目~4丁目 061-2303

地名の由来[編集]

1866年頃、この地域に温泉の存在を確認し湯治場をつくり、定山渓地区の開拓に貢献した美泉定山の「定山」より由来する。

美泉定山は岡山県出身の曹洞宗僧侶であり、1853年嘉永6年)より、江差瀬棚、そして小樽張碓と北海道日本海側の各地で布教活動を繰り広げた。

現在、美泉定山の銅像が定山渓に存在するほか、美泉定山の立てた定山寺も存続している。

施設[編集]

道路[編集]

歴史[編集]

江戸時代[編集]

明治[編集]

大正[編集]

昭和[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

  • 水森かおり - 2018年3月にシングル『定山渓』をリリース(『水に咲く花・支笏湖へ』タイプB)。

外部リンク[編集]