市村陽典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

市村 陽典(いちむら ようすけ、1951年1月19日 - )は、日本裁判官東京高等裁判所部総括判事、仙台高等裁判所長官を経て、初代行政不服審査会会長。

人物[編集]

茨城県土浦市出身。茨城県立土浦第一高等学校一橋大学法学部卒業。東京高等裁判所部総括判事、仙台高等裁判所長官、行政不服審査会会長等を歴任。最高裁判所事務総局行政局付を務めるなど行政訴訟を多く担当[1]内閣司法制度改革推進本部行政訴訟検討会委員として行政事件訴訟法の改正にもあたった[2]

経歴[編集]

判決[編集]

著作[編集]

出典[編集]

  1. ^ 「登場:水戸地裁所長になった、市村陽典さん」毎日新聞2009年5月13日朝刊
  2. ^ 櫻井敬子「現代行政をめぐる最近の動き」『不動産調査月報』2007年10月
  3. ^ 「委員名簿」総務省
  4. ^ 「第1回行政不服審査会(総会)開催記録」総務省
  5. ^ 櫻井敬子「現代行政をめぐる最近の動き」『不動産調査月報』2007年10月


先代:
加藤新太郎
水戸地方裁判所長
2009年 - 2010年
次代:
小池裕
先代:
倉吉敬
横浜地方裁判所長
2013年 - 2015年
次代:
奥田隆文
先代:
倉吉敬
仙台高等裁判所長官
2015年 - 2016年
次代:
河合健司
先代:
(新設)
総務省行政不服審査会会長
2016年 - 2019年
次代:
原優