櫻井敬子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

櫻井 敬子(さくらい けいこ、1964年(昭和39年)4月30日[1] - )は、日本の法学者学習院大学教授。専攻は行政法

略歴[編集]

千葉県出身[2]1983年(昭和58年)に女子学院高等学校を卒業し、 1989年東京大学法学部を卒業した。 1995年(平成7年)、「国家財政の法構造 -予備措置の規範的考察」の業績により、博士(法学)を東京大学から授与された[3][2]。同年、筑波大学社会科学系専任講師、2003年(平成15年)学習院大学法学部教授。

2019年から国会公安委員会委員を務める[1]

著作[編集]

単著[編集]

  • 『財政の法学的研究』(有斐閣2001年(平成13年))
  • 『行政法のエッセンス』(学陽書房2007年(平成19年))
  • 『行政救済法のエッセンス <第1次改訂版>』(学陽書房、2015年(平成27年))
  • 『行政法講座』(第一法規出版2010年(平成22年))
  • 『行政法講座2』(第一法規出版、2015年(平成27年))

共著[編集]

  • 高木光橋本博之常岡孝好)『条文から学ぶ行政救済法』(有斐閣、2006年(平成18年))
  • (高木光・常岡孝好・橋本博之)『行政救済法 第2版』(弘文堂、2015年(平成17年))
  • (橋本博之)『行政法』(第6版 弘文堂、2019年(令和元年))

脚注[編集]

  1. ^ a b 国家公安委員会委員長・委員のプロフィール|国家公安委員会Webサイト” (日本語). 国家公安委員会Webサイト. 2021年8月31日閲覧。
  2. ^ a b 櫻井 敬子 | 教員メッセージ” (日本語). 学習院大学法学部. 2021年8月31日閲覧。
  3. ^ 博士論文書誌データベース

外部リンク[編集]