川村短期大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
川村短期大学
大学設置 1952年
創立 1924年
廃止 2005年
学校種別 私立
設置者 学校法人川村学園
本部所在地 東京都豊島区目白2-22-3
キャンパス 目白2丁目キャンパス(東京都豊島区目白2-22-3)
目白3丁目キャンパス(東京都豊島区目白3-1-19)
長崎キャンパス(東京都豊島区長崎5-22-18)
学部 生活学科
英文科[1]
保育科[2]
テンプレートを表示

川村短期大学(かわむらたんきだいがく、英語: Kawamura CollegeまたはKawamura Junior College)は、東京都豊島区目白2-22-3に本部を置いていた日本私立大学である。1952年に設置され、2005年に廃止。大学の略称は川短。 学生募集は2003年度まで、2005年10月4日廃止[3]。現在は川村学園女子大学となっている。ちなみに、短大の目白校舎があった場所は現在、学校法人川村学園本部としての機能は果たしているが、長崎校舎は「パーク・ホームズ千川」になっている[要出典]

概要[編集]

大学全体[編集]

建学の精神(校訓・理念・学是)[編集]

  • 川村短期大学の学是
    • 教育理念:感謝の心
    • 建学の精神:社会への奉仕

教育および研究[編集]

  • 家政科を含めると生活学科が、専門教育の歴史が永い。衣食住に関する専門教育ほか栄養士の養成も執り行っていた。
  • かつては保育者の養成も行っており、川村幼稚園をはじめとした併設園での教育実習も取り入れられていた。
  • 一般教育科目に「映画の中の女性」と称した科目があった[4]

学風および特色[編集]

  • 1924年に創立された川村女学院が起源となっており、その伝統から開学当初より女子を対象とした教育を執り行っていた。
  • 学生に対して「川村オリジナルシステム手帳」が与えられた[4]

沿革[編集]

  • 1924年 川村女学院を創設。
  • 1929年 旧制川村女学院高等専攻科を置く。
  • 1952年 川村短期大学開学。家政科を置く。
  • 1953年 保育科を増設。家政科が栄養士養成施設に認可された。
  • 1960年 三芳運動場が開設される。
  • 1963年 英文科を増設。川村文子記念館が竣工される。
  • 1977年 川村文子胸像除幕式が行われる。
  • 1980年 創立55周年を記念として蓼品山荘が竣工される。
  • 1984年 創立60周年を記念に新講堂が竣工される。
  • 1985年 英文科の新校舎が竣工される。
  • 1992年 家政科を生活学科と改称
  • 2003年度をもって学生募集を終了。以後、川村学園女子大学に完全統合。
  • 2005年10月4日廃止[3]

基礎データ[編集]

所在地[編集]

  • 目白2丁目キャンパス(東京都豊島区目白2-22-3)
  • 目白3丁目キャンパス(東京都豊島区目白3-1-19)
  • 長崎キャンパス(東京都豊島区長崎5-22-18)

年度別学生数[編集]

年度 家政科[5] 保育科 英文科 参照および備考
1954年 138 35 - [6]
1955年 - 1957年 不明 不明 不明 [7]
1958年 171 67 - [8]
1959年 253 80 - [9]
1960年 324 98 - [10]
1961年 301 93 - [11]
1962年 294 94 - [12]
1963年 304 100 66 [13]
1964年 266 91 114 [14]
1965年 372 98 130 [15]
1966年 537 136 191 [16]
1967年 567 190 206 [17]
1968年 541 213 199 [18]
1969年 541 213 199 [19]
1970年 504 171 184 [20]
1971年 487 172 174 [21]
1972年 447 178 175 [22]
1973年 432 178 174 [23]
1974年 432 178 174 [24]
1975年 491 196 188 [25]
1976年 510 211 209 [26]
1977年 528 218 224 [27]
1978年 577 235 256 [28]
1979年 625 236 261 [29]
1980年 605 212 235 [30]
1981年 612 204 236 [31]
1982年 634 199 241 [32]
1983年 658 198 237 [33]
1984年 656 199 236 [34]
1985年 646 193 238 [35]
1986年 694 154 272 [36]
1987年 753 112 309 [37]
1988年 779 101 305 [38]
1989年 767 98 303 [39]
1990年 757 95 202 [40]
1991年 719 48[41] 324 [42]
1992年 670[43] - 397 [44][45]
1993年 676[46] - 439 [47]
1994年 695 - 466 [48]
1995年 737 - 494 [49]
1996年 765 - 510 [50]
1997年 741 - 510 [51]
1998年 738 - 503 [52]
1999年 752 - 412 [53]

教育および研究[編集]

組織[編集]

学科[編集]

  • 生活学科
  • 英文科[1]
  • 保育科[2]

専攻科[編集]

  • なし

別科[編集]

  • なし

取得資格について[編集]

学生生活[編集]

部活動・クラブ活動・サークル活動[編集]

学園祭[編集]

スポーツ[編集]

  • ゴルフ部がとりわけ盛んであり、日本女子学生ゴルフ協会の大会で団体優勝3回の実績がある[4]

大学関係者と組織[編集]

大学関係者一覧[編集]

大学関係者[編集]

歴代学長

著名な出身者[編集]

施設[編集]

キャンパス[編集]

目白2丁目キャンパス[編集]

  • 使用学科:生活学科(食品・栄養コース)
  • 使用専攻科:なし
  • 使用附属施設:なし

目白3丁目キャンパス[編集]

  • 使用学科:英文科
  • 使用専攻科:なし
  • 使用附属施設:なし

長崎キャンパス[編集]

  • 使用学科:生活学科(生活情報コース、生活心理コース)
  • 使用専攻科:なし
  • 使用附属施設:なし

対外関係[編集]

系列校[編集]

卒業後の進路について[編集]

就職について[編集]

編入学・進学実績[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 1999年度学生募集最終。
  2. ^ a b 1990年度学生募集最終。
  3. ^ a b 平成23年度『全国短期大学高等専門学校一覧』263頁
  4. ^ a b c d e f 2000年度用入学案内冊子より
  5. ^ 1992年度より生活学科
  6. ^ 昭和30年度版『全国学校総覧』1377頁(以下、『総覧』と略する。)
  7. ^ この年度における『総覧』が存在しないため。
  8. ^ 昭和34年度版『総覧』19頁
  9. ^ 昭和35年度版『総覧』17頁
  10. ^ 昭和36年度版『総覧』21頁
  11. ^ 昭和37年度版『総覧』21頁
  12. ^ 昭和38年度版『総覧』24頁
  13. ^ 昭和39年度版『総覧』26頁
  14. ^ 昭和40年度版『総覧』26頁より
  15. ^ 昭和41年度版『総覧』29頁
  16. ^ 昭和42年度版『総覧』30頁
  17. ^ 昭和43年度版『総覧』31頁
  18. ^ 昭和44年度版『総覧』33頁
  19. ^ 昭和45年度版『総覧』33頁
  20. ^ 昭和46年度版『総覧』33頁
  21. ^ 昭和47年度版『総覧』33頁
  22. ^ 昭和48年度版『総覧』35頁
  23. ^ 昭和49年度版『総覧』36頁
  24. ^ 昭和50年度版『総覧』38頁
  25. ^ 昭和51年度版『総覧』40頁
  26. ^ 昭和52年度版『総覧』40頁
  27. ^ 昭和53年度版『総覧』40頁
  28. ^ 昭和54年度版『総覧』41頁
  29. ^ 昭和55年度版『総覧』41頁
  30. ^ 昭和56年度版『総覧』43頁
  31. ^ 昭和57年度版『総覧』43頁
  32. ^ 昭和58年度版『総覧』44頁
  33. ^ 昭和59年度版『総覧』46頁
  34. ^ 昭和60年度版『総覧』46頁
  35. ^ 昭和61年度版『総覧』52頁
  36. ^ 昭和62年度版『総覧』52頁
  37. ^ 昭和63年度版『総覧』53頁
  38. ^ 昭和64年度版『総覧』57頁
  39. ^ 90年度版『総覧』58頁
  40. ^ 91年度版『総覧』58頁
  41. ^ 募集停止
  42. ^ 92年度版『総覧』60頁
  43. ^ うち生活学科335
  44. ^ 93年度版『総覧』60頁
  45. ^ 短大蛍雪 』(全国短大&専修・各種学校受験年鑑シリーズ、1992年9月臨時増刊号)226頁には「1,067(うち1年生553)」と表記されている。
  46. ^ 生活学科に完全統合
  47. ^ 94年度版『総覧』63頁
  48. ^ 95年度版『総覧』65頁
  49. ^ 96年度版『総覧』67頁
  50. ^ 97年度版『総覧』68頁
  51. ^ 98年度版『総覧』70頁
  52. ^ 99年度版『総覧』62頁
  53. ^ 2000年度版『総覧』65頁
  54. ^ いずれも1999年度入学生まで設けられていた。
  55. ^ a b 教員養成課程認定大学短期大学一覧』(1955年)54頁より
  56. ^ 『短大螢雪5月臨時増刊 短大・学科内容案内号』(旺文社。2000年5月)440ページより

関連項目[編集]

関連サイト[編集]