山田潔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
山田 潔
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛媛県松山市
生年月日 1921年1月16日
没年月日 (1984-06-15) 1984年6月15日(63歳没)
身長
体重
165 cm
58 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1938年
初出場 1938年4月29日[1]
最終出場 1956年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

山田 潔(やまだ きよし、1921年1月16日 - 1984年6月15日)は、愛媛県松山市出身の元プロ野球選手内野手)・コーチ監督

来歴・人物[編集]

松山商業に在学中の頃、チームは春、夏を通じて4度甲子園に出場し、1935年昭和10年)の夏に全国制覇を果たしている。この時、同期で中山正嘉筒井修筒井良武菅利雄千葉茂伊賀上潤伍といった、後にプロ野球で大いに活躍する選手達がいた。1938年(昭和13年)、イーグルスに入団し、1942年(昭和17年)まで在籍、戦後は1946年(昭和21年)、巨人に在籍してプロ野球に復帰したが、翌1947年(昭和22年)に国民リーグ大塚アスレチックスに籍を置いて再び日本野球連盟から一旦離れる。しかし1947年秋季の国民リーグ最優秀選手に選ばれた山田は、1948年(昭和23年)には金星に入団して再度プロ野球界に復帰し、大映と名前が変わってもそのままチームに残り、1956年(昭和31年)まで在籍した。

打撃では打率に鑑みると然程ではなく、1938年春のシーズンの打率.107は、規定打席に到達した打者の打率としては歴代最低記録として残っている。その一方で選球眼は優れていたそうで、1942年(昭和17年)に記録した95四球はシーズン最多四球を記録しており、通算でも四球三振の倍を記録している。ちなみに通算のIsoD(出塁率-打率)は.128であり、4000打席以上の打者では王貞治(元巨人)に次ぐ2位の記録である[2]。シーズンのIsoDでも1942年に記録した.197は、規定打席に達した歴代の全選手の中で王の1974年に記録した.199に次ぐ2位の記録だった。また守備が優れていたため、引退まで遊撃手のレギュラーとして活躍した。1940年8月8日金鯱戦では、1試合16守備機会刺殺9個、補殺7個) の記録を作った[3][4]。引退後は大毎1958年 - 1959年二軍コーチ, 1960年 - 1962年一軍コーチ)、大洋1968年二軍コーチ, 1969年1972年一軍コーチ, 1970年 - 1971年二軍監督)、広島1973年一軍コーチ)で監督・コーチを歴任。選手達からは「お父さん」と呼ばれるほど愛され、名コーチとして手腕を振るった。

1984年(昭和59年)6月15日逝去。享年63。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1938 イーグルス
黒鷲
大和
35 123 112 4 12 0 0 0 12 4 2 -- 0 -- 11 -- 0 5 -- .107 .187 .107 .294
1938 37 130 103 11 15 0 0 0 15 8 3 -- 4 -- 21 -- 2 13 -- .146 .302 .146 .447
1939 75 275 214 21 32 6 2 1 45 18 2 -- 5 1 55 -- 0 34 -- .150 .323 .210 .534
1940 94 308 250 23 39 1 0 0 40 11 11 -- 6 3 49 -- 0 33 -- .156 .294 .160 .454
1941 75 291 236 23 48 8 3 0 62 10 11 -- 2 -- 52 -- 1 15 -- .203 .349 .263 .612
1942 97 410 309 28 50 5 0 0 55 9 16 11 6 -- 95 -- 0 26 -- .162 .359 .178 .537
1946 巨人 89 365 295 50 56 7 5 0 73 17 11 9 10 -- 60 -- 0 18 -- .190 .327 .247 .574
1948 金星
大映
48 120 103 14 18 1 0 0 19 3 4 1 1 -- 15 -- 1 12 -- .175 .286 .184 .470
1949 89 319 271 45 73 8 4 2 95 20 2 5 7 -- 40 -- 1 30 -- .269 .365 .351 .716
1950 117 525 441 60 104 18 3 1 131 34 8 8 10 -- 72 -- 2 38 10 .236 .346 .297 .643
1951 92 391 322 44 66 15 0 0 81 19 12 9 10 -- 56 -- 3 20 10 .205 .328 .252 .580
1952 94 339 284 33 69 10 1 2 87 28 9 2 8 -- 45 -- 2 21 6 .243 .350 .306 .657
1953 106 413 344 30 66 17 3 1 92 24 6 1 11 -- 57 -- 1 33 14 .192 .308 .267 .576
1954 84 264 216 12 41 7 0 0 48 16 4 3 7 1 38 -- 2 23 3 .190 .316 .222 .539
1955 116 371 311 33 67 11 2 1 85 17 7 3 9 1 50 1 0 28 8 .215 .324 .273 .597
1956 86 204 169 13 33 2 1 0 37 13 2 0 11 0 23 1 1 16 5 .195 .295 .219 .514
通算:15年 1334 4848 3980 444 789 116 24 8 977 251 110 52 107 6 739 2 16 365 56 .198 .326 .245 .572
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • イーグルスは、1940年途中に黒鷲(黒鷲軍)に、1942年に大和(大和軍)に球団名を変更
  • 金星(金星スターズ)は、1949年に大映(大映スターズ)に球団名を変更

記録[編集]

  • 通算1000試合出場 1953年8月12日(22人目)

背番号[編集]

  • 15 (1938年 - 1942年)
  • 1 (1946年、1960年 - 1961年)
  • 15 (1947年)
  • 10 (1948年)
  • 9 (1949年 - 1957年途中)
  • 42 (1957年途中)
  • 63 (1958年 - 1959年)
  • 51 (1962年)
  • 72 (1968年 - 1972年)
  • 64 (1973年)

脚注[編集]

  1. ^ 1938年春イーグルス・スタメンアーカイブ
  2. ^ ちょっとマニアックですが、IsoDベスト、ワースト40|野球史
  3. ^ 職業野球!実況中継 一試合最多守備機会
  4. ^ プロ野球非公式記録。公式記録としては、吉田義男阪神)が記録した1試合15守備機会が認められている。

関連項目[編集]