中山正嘉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中山 正嘉
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛媛県
生年月日 1917年7月3日
没年月日 (1994-07-04) 1994年7月4日(77歳没)
身長
体重
170 cm
60 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1937年
初出場 1937年
最終出場 1951年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

中山 正嘉(なかやま ただよし、1917年7月3日 - 1994年7月4日)は、愛媛県出身のプロ野球選手投手)。

戦前の名古屋金鯱軍のエースで、1938年春から1940年にかけて4シーズン連続でチームの勝利数の半数以上の勝ち星を稼いだ。1940年の29敗はシーズン最多敗戦の日本プロ野球記録。

来歴・人物[編集]

松山商業では、1935年春の甲子園でベスト8まで進出し、夏の甲子園では決勝で育英商完投勝利で破り優勝投手となった。チームメイトには千葉茂筒井修などがいた。

1937年名古屋金鯱軍に入団。同年の4月5日に対大東京軍戦で初登板すると、3安打1四死球11奪三振で無失点に抑え、日本プロ野球史上2人目の初登板で完封勝利を挙げる、スコアは7対0[1]。同年は古谷倉之助鈴木鶴雄とともにマウンドを守り、春季5勝、秋季7勝を挙げる。1938年は古谷や鈴木が勝ち星を挙げられない中で奮闘、春秋通算でチーム24勝のうち中山だけで14勝を稼ぎ、春季は防御率2.86でリーグ8位に付けた。1939年はチーム36勝の2/3以上にあたる25勝(21敗)を挙げ、防御率も2.03(リーグ5位)とキャリアハイの記録を残した。

1940年5月12日の対イーグルス戦で当時の最多記録の1試合13与四球を記録する[2]。シーズンを通してはリーグ最多の61試合に登板するが、18勝29敗、防御率2.86(リーグ23位)と前年より成績を落とした。なお、シーズン29敗は現在まで日本プロ野球記録となっている[3]1941年は5試合の登板でわずか1勝に終わりこの年限りで退団した。兵役に就いていたかどうかは不明。

戦前の酷使で肩を痛め、終戦後は球界を離れて松山に帰郷していたが、1950年のセ・パ両リーグ分立の際に広島カープが結成されると、選手集めに奔走していた監督石本秀一の誘いを受け、中山は約10年のブランクがあり既に32歳になっていたが、プロ野球界に復帰する。さらに、石本の命を受けて中山は香川尽誠学園の監督であった樋笠一夫を勧誘。「俺は32歳になるが、今度広島に出来る球団に入る。男は30歳で勝負だ」との口説き文句で、樋笠を入団にこぎ着けた[4]。しかし、中山は肩を故障していた上に10年のブランクは大きく、僅か2勝(10敗)、防御率7.65と結果を残せず、翌1951年のシーズン途中に引退した。

引退後は、大阪府池田市で中山物産の社長を務めた[5]1994年7月4日に死去。満77歳没。

選手としての特徴[編集]

三振の山を築くような派手な投手ではなかったが、鋭いシュートカーブを武器とし、凡打させる率が多かった。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1937 金鯱 24 8 4 3 0 5 7 -- -- .417 430 97.0 80 0 59 -- 2 51 2 0 45 35 3.25 1.43
1937 19 13 7 1 0 7 9 -- -- .438 519 113.0 95 5 84 -- 3 62 3 0 64 52 4.14 1.58
1938 19 12 8 1 0 8 7 -- -- .533 551 125.2 96 3 79 -- 1 57 3 0 57 40 2.86 1.39
1938 24 14 8 0 0 6 13 -- -- .316 595 134.1 113 4 85 -- 2 76 1 0 73 54 3.60 1.47
1939 60 40 30 8 0 25 21 -- -- .543 1573 379.2 281 3 175 -- 2 178 2 1 124 86 2.04 1.20
1940 61 29 19 2 0 18 29 -- -- .383 1601 367.1 305 2 216 -- 4 193 5 0 169 117 2.86 1.42
1941 大洋軍 5 1 0 0 0 1 1 -- -- .500 63 15.1 7 0 12 -- 0 4 0 0 6 5 2.81 1.24
1950 広島 20 10 1 0 0 2 10 -- -- .167 299 59.2 79 7 41 -- 3 19 0 0 66 51 7.65 2.01
通算:6年 232 127 77 15 0 72 97 -- -- .426 5631 1292.0 1056 24 751 -- 17 640 16 1 604 440 3.07 1.40
  • 各年度の太字はリーグ最高、赤太字はNPBにおける歴代最高

記録[編集]

  • シーズン最多敗戦:29(1940年)※日本プロ野球記録

背番号[編集]

  • 6(1937年 - 1940年)
  • 20(1941年、1950年 - 1951年)

脚注[編集]

  1. ^ 『プロ野球記録大鑑』853頁
  2. ^ 『プロ野球記録大鑑』634頁
  3. ^ 非公式記録ではあるが、畑福俊英イーグルス)は1937年に32敗(春季21敗、秋季11敗)している。
  4. ^ 『カープ50年-夢を追って-』中国新聞社
  5. ^ 『松商野球部OB名簿』昭和47年

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]