山田深夜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

山田 深夜(やまだ しんや、1961年 - )は、日本小説家福島県須賀川市生まれ。神奈川県横須賀市在住。ライダーであり、愛車はホンダ・ワルキューレ

来歴[編集]

地元の高校を卒業後、京浜急行電鉄で職員として20年勤務する。ブルースハーピストとしてライブ活動(ホーナーのコンテストで入賞歴も有り、作詞作曲もこなした)を行いつつ、文筆活動を始める。原稿はプリントアウトしたものをホチキス留めにし、駅前などで手売りしていた。それに注目した地元タウン誌から原稿依頼があり、兼業作家となる。

1995年阪神淡路大震災被災地にてボランティアリーダーを務める。ライダーであることからオートバイツーリング雑誌「アウトライダー」誌やバイク雑誌「ミスターバイクBG」に原稿を書き始める。

1999年、物書きに専念するため、京浜急行電鉄を退社した。エッセイ集『キャベツのはらわた』をアートジャングル社より自費出版する。

2004年、「ミスターバイクBG」の連載が打ち切られる。それまで書き溜めた原稿の束を持ち、在京の大手出版社に持ち込むも、ほぼ門前払いという対応をされた。その後、札幌の寿郎社から、本を作らせて欲しいとメールが届き、寿郎社社長兼編集長の土肥寿郎が横須賀を訪ね、出版が決まる。 そうして2005年の春、街と人をテーマにした『横須賀Dブルース』と、旅と人をテーマにした『千マイルブルース』が寿郎社より発刊された。

同年8月、寿郎社の主催で北海道札幌市にある八剣山果樹園にて、『山田深夜ミーティングin札幌』という発刊記念イベントが開かれた。

2006年角川書店発行の文芸誌「野性時代」にて『電車屋赤城』連載開始。同作品は、筆者の私鉄勤務経験を基にしたエンターテインメント小説であり、様々な要素の詰まった良質な大衆文芸作品として第29回吉川英治文学新人賞にノミネートされた。   

人物[編集]

ミュージシャンでもあった時代は、アフロヘアにサングラスと口髭。黒いスーツに赤い靴下、先のとがった靴を愛用。

手先は器用なものの、なぜか料理だけは上手く(美味く)出来ない。文筆業に専念してから、取材費が原稿料を上回るような仕事もこなす姿勢であったため、質素な生活を強いられているが、それをエッセイや公式サイトでネタにしている。

著作[編集]

外部リンク[編集]