屋島駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
屋島駅
駅舎
駅舎
やしま
Yashima
T24 木太町 (2.8km)
(1.3km) 古高松南 T22
所在地 香川県高松市高松町字帰来88-2
駅番号 T23
所属事業者 四国旅客鉄道(JR四国)
所属路線 高徳線
キロ程 9.5km(高松起点)
電報略号 ヤシ
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
664人/日(降車客含まず)
-2014年-
開業年月日 1925年大正14年)8月1日
テンプレートを表示
構内 古高松南方より
構内 木太町方より

屋島駅(やしまえき)は、香川県高松市高松町にある四国旅客鉄道(JR四国)高徳線である[1]駅番号T23。駅表示パネルのコメントは「源平合戦ゆかりの駅」。

歴史[編集]

  • 1925年大正14年)8月1日鉄道省高徳線の駅として開業。
  • 1987年昭和62年)4月1日国鉄分割民営化によりJR四国の駅となる。
  • 2008年平成20年)12月:「元気YASHIMAを創ろう会」によって、土・日・祝日のみ開けられる観光案内所が設置される[1]
  • 2009年(平成21年)7月11日:地域住民でつくる古高松地区コミュニティ協議会による駅の運営管理が開始[1]。(毎週水曜日は定休日)きっぷ売り場に隣接した「地域振興スペース」には、地元住民の手による芸術作品の展示が行われる。
  • 2011年(平成23年)
    • 5月:地元住民の手により、「こどもの日」の前後の期間中、駅前広場にこいのぼりが掲げられるようになった。(2012年も継続中)
    • 11月:それまで休眠状態であった駅の井戸が、地元住民の手によって復活した。
    • 12月:地元住民の手により、「クリスマス」の前後の期間中、駅前広場にクリスマスイルミネーションが点灯されるようになった。(継続中)
  • 2012年(平成24年)6月:駅前の県道において、源平の里あきない会の主催により、「源平の里ほたる祭」が開催された。(2012年も継続中)

駅構造[編集]

島式・相対式ホーム2面3線を持つ地上駅。2番のりばが一線スルーになっているが、停車列車は駅舎側の1番のりばを優先的に使用する。自由席特急券の発売が可能な自動券売機が設置されている。

かつては、駅舎内にJR四国グループのパン屋ウィリーウィンキーが併設されていた。

のりば[編集]

駅舎側から以下の通り。

のりば 路線 方向 行先 備考
1 高徳線 下り 志度三本松徳島方面  
上り 高松岡山方面
2 高徳線 上り 高松・岡山方面 行違い時
3 高徳線 上り 高松・岡山方面 主に待避
下り 志度・三本松・徳島方面

利用状況[編集]

乗車人員推移
年度 1日平均人数
2000 852
2001 795
2002 762
2003 757
2004 756
2005 685
2006 699
2007 690
2008 698
2009 693
2010 693
2011 687
2012 661
2013 687
2014 664


駅周辺[編集]

路線バス[編集]

2007年4月1日よりことでんバスの屋島山上シャトルバスが乗り入れる。

隣の駅[編集]

※当駅に一部が停車する特急「うずしお」の隣の停車駅は列車記事を参照のこと。

四国旅客鉄道
高徳線
木太町駅 (T24) - 屋島駅 (T23) - 古高松南駅 (T22)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c “住民が屋島駅運営/県内初、JRから管理受託”. 四国新聞(四国新聞社).(2009年7月12日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]