香川県道30号塩江屋島西線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
主要地方道
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 0.svg
香川県道30号標識
香川県道30号塩江屋島西線
路線延長 24.725 km
制定年 1976年
起点 高松市塩江町安原上東
不動の滝口
終点 高松市屋島西町1899番1地先
屋島競技場南交差点
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0011.svg国道11号
Japanese National Route Sign 0011.svg国道11号高松東道路
Japanese National Route Sign 0193.svg国道193号
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路
香川県道30号塩江屋島西線
(高松市十川東町)

香川県道30号 塩江屋島西線(かがわけんどう30ごう しおのえやしまにしせん)は、香川県高松市を通る主要地方道である。

路線データ[編集]

路線状況[編集]

重複区間[編集]

名称・愛称[編集]

  • 新田街道(高松市:亀田町交差点 - 馬場先)

2004年の台風による災害[編集]

2004年平成16年)の相次ぐ台風災害により、2006年(平成18年)5月まで各地で寸断されたままの状態が続いていた。合併前の高松市と旧・塩江町を直接(他町を通らずに)結ぶ唯一の道路であったため、2006年(平成18年)1月10日に旧・香川町などと合併するまでの約3ヶ月強は事実上の飛び地合併状態だった。

本路線が長期不通となっていた影響で、合併前の高松市の最南端だった菅沢町(すげざわちょう)は郵便の集配受け持ちが川島郵便局(現在は集配を行っていない)から塩江郵便局に変更され、これに伴い郵便番号も2006年(平成18年)4月1日に761-0447から761-1616に変更された。

地理[編集]

通過する自治体[編集]

  • 香川県
    • 高松市

交差・接続している道路[編集]

関連項目[編集]