香川県道147号太田上町志度線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
一般県道
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 4.svgJapanese Route Sign Number 7.svg
香川県道147号標識
香川県道147号太田上町志度線
路線延長 19.38 km
制定年 1976年?
起点 高松市太田上町
主な
経由都市
三木町
終点 さぬき市志度366番5地先
接続する
主な道路
記法
記事参照
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路

香川県道147号 太田上町志度線(かがわけんどう147ごう おおたかみまちしどせん)は、香川県高松市からさぬき市に至る一般県道である。

概要[編集]

高松市の中心外街地(住宅地・商用地)として発展してきた太田からさぬき市の市役所在地である志度までを繋ぐ一般県道である。

当県道のバイパス区間は4車線道路で、先行して開通した東側部分は旧高松空港跡地に開発された香川インテリジェントパークを貫いている。 国道193号空港通り)から、香川県道166号岩崎高松線まで暫定2車線で、そこから多肥小学校北交差点までが建設工事中である。

起点である太田上町南交差点から下多肥交差点までのことでん太田駅構内踏切前後となる区間は片側一車線(対向二車線)として整備されているものの車線幅および路側帯幅が通常の県道よりも狭小である。しかし、同区間はそれに反して駅前の通りである事から歩行者数もそこそこあるため規制速度は30km/hとなっている。当然の事ながら同区間は歩行の際も注意が必要である。

木田郡三木町からさぬき市志度の市町境にある峰堂峠の前後区間は無車線かつ路側帯も起点付近幅程のものが片側しかとられないほど幅員が狭小であり、大型車の通行は実質上禁止されている。[1]また、この区間は昔ながらの湾曲する峠道であるため、小型車・軽自動車であっても、すれ違いは困難とされスピードを出す事も好ましい事とは言えない。なお、すれ違い回避を目的とした待避所は峠内の数か所に存在するため、これを上手に利用した通行を要する。また、この区間は「異常気象時の通行規制区間」に指定されており、梅雨および台風時の大雨や冬季の道路凍結時などにおいては通行制限が敷かれる場合がある。[1]その場合、本道の戸敷交差点から国道11号高松東バイパスを東行し、さらにさぬき三木IC前交差点を北行して香川県道38号三木牟礼線王子交差点に至り、そこから香川県道272号高松志度線志度高校南交差点に至るまでのルートが一連の迂回路となる。

実は自動車による全線踏破ができない。終点近くの志度高校南交差点付近に車両通行止めの区間(北緯34度18分59秒東経134度10分9秒)があるからである(かつては通行できていたが高松志度線の開通時に閉鎖された)。迂回路があるがその部分は県道指定されていない。

路線データ[編集]

    • 起点:香川県高松市鹿角町字上東原24番1地先(上東原交差点・国道193号交点)
    • 終点:香川県高松市林町(市道林町56号線交点)
  • 陸上距離:19.38km

重複区間[編集]

通過する自治体[編集]

交差・接続している道路[編集]

本線[編集]

バイパス[編集]

  • 国道193号国道492号重複)(香川県高松市)上東原交差点
  • 香川県道280号高松香川線(香川県高松市)聾学校南交差点
  • 香川県道166号岩崎高松線(香川県高松市)多肥高架橋西交差点
  • 香川県道43号中徳三谷高松線別線(香川県高松市)多肥小学校北交差点
  • 香川県道43号中徳三谷高松線(香川県高松市)サンメッセ香川前交差点
    • この付近が旧高松空港ターミナルビル跡地に相当する。

愛称・通称[編集]

  • サンシャイン通り:2007年12月28日命名(高松市:新道区間、香川大学工学部西交差点 - サンメッセ香川前交差点)

橋梁[編集]

  • 上古川橋(古川・香川県高松市)
  • 六条橋(春日川・香川県高松市)
  • 小村橋(吉田川・香川県高松市)
  • 岩川橋(寒国川・香川県三木町)
  • 祓川橋(玉浦川・香川県さぬき市)

[編集]

  • 武道峠(ぶどうとうげ、高松市前田東町字東畑[2] - 三木町大字井上字池上[3]
  • 峰堂峠(むねんどうとうげ、三木町大字井上字藤東山田[4] - さぬき市志度字八丁地[5]

都市計画道路指定[編集]

  • 高松市
  • さぬき市
    • 西志度線 志度高校北交差点 - 志度高校南交差点

備考[編集]

  1. ^ a b 規制指定区域として警告看板が立てられているのは立石交差点から間川交差点までの区間だが、実質、引宮神社北交差点から狭小区間は始まっている。
  2. ^ (五分一池北)
  3. ^ 戸敷交差点
  4. ^ 日プラ北)
  5. ^ (広真印刷社前)

関連項目[編集]