実範

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

実範(しっぱん、生年不詳 - 天養元年9月10日1144年10月8日))は、平安時代後期の。父は参議藤原顕実。字は本願。蓮光少将上人・中川中将上人・中川律師とも称される。

興福寺で法相教学を、醍醐寺厳覚高野山教真に真言密教を、比叡山横川の明賢から天台教学を学んだ。一時大和国忍辱山円成寺に隠棲したが、のちに中川成身院を開いて真言密教・天台・法相兼学の道場とした。また唐招提寺の荒廃を嘆き、戒律復興を唱えて1122年保安3年)「東大寺戒壇院受戒式」を定めている。藤原忠実藤原頼長藤原宗忠などの帰依を受け、晩年は浄土教に傾倒し、山城国光明寺に移った。