訶梨跋摩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

訶梨跋摩(かりばつま、: हरिवर्मन् Harivarman, ハリヴァルマン、獅子鎧、師子鎧)は、4世紀ごろのインド仏教僧である。

中インドの婆羅門の出身。最初はヒンドゥー教数論派(サーンキヤ学派)に属していたが、仏教に入り、説一切有部の学匠鳩摩羅馱(Kumāralabdha कुमारब्ध)から『発智論』を学び、次いで摩訶僧祇部に移って大乗も研究し、諸派比較の上、経量部の立場から『成実論』202品を著した。後、グプタ朝の王の命により外道の諸論師をことごとく論破して、国師に任ぜられた。

なお、鳩摩羅什によって『成実論』が漢訳されたのは、西暦412年のことである。

著作[編集]

脚注・出典[編集]

参考文献[編集]