法雲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
法雲
467年-529年
生地 江蘇省宜興市
寺院 光宅寺
僧印
著作 法華義記

法雲(ほううん、467年 - 529年)は、中国代の学であり、住んでいた寺の名から光宅とも光宅寺法雲ともいう。僧旻智蔵とともに、梁の三大法師の1人。俗姓は周氏。義興陽羨(江蘇省無錫市宜興市)の出身の人である。

経歴[編集]

  • 7歳のとき、鐘山定林寺の僧印について出家して、『法華経』を学ぶ。
  • 13歳のとき、荘厳寺に移り、僧宗および僧遠に学ぶ。
  • 490年頃、僧柔の講説を聴き、僧旻、智蔵とともに慧次について『成実論』や三論を学ぶ。
  • 497年夏、初めて妙音寺で『法華経』『浄名経』を開講して賞賛される。
  • 511年、華林園における『法華経』の講説に際し、天花降下の奇瑞を感じた。南京の雨花台はその旧跡とされる。
  • 525年大僧正に任命され、同泰寺に千僧会を設ける。

人物像[編集]

僧俗との交遊が多く、武帝は光宅寺を創建して法雲を住まわせ、国家の僧とした。

なお、聖徳太子が『法華義疏』製作に際して、『法華義記』を「本義」としたことが有名である。

著作[編集]

  • 『法華義記』(現存)
  • 『成実論疏』
  • 『注大品(ちゅうだいぼん)』