宇津貫町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本 > 東京都 > 八王子市 > 宇津貫町
宇津貫町
—  町丁  —
宇津貫町の位置(多摩地域内)
宇津貫町
宇津貫町
宇津貫町の位置
座標: 北緯35度37分8.31秒 東経139度20分8.55秒 / 北緯35.6189750度 東経139.3357083度 / 35.6189750; 139.3357083
Flag of Japan.svg 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
市町村 Flag of Hachioji, Tokyo.svg 八王子市
地域 東南部地域
人口 (2013年(平成25年)11月30日現在)[1]
 - 計 75人
等時帯 JST (UTC+9)
郵便番号 192-0915
市外局番 042(八王子MA)
ナンバープレート 八王子

宇津貫町(うつぬきまち)は東京都八王子市の地名。丁番を持たない単独町名であり、住居表示未実施区域[2]郵便番号は192-0915(八王子南郵便局管区)。

地理[編集]

八王子市南東部、旧由井村の一区域。区域の大半が都市再生機構による南八王子土地区画整理事業により八王子ニュータウン(みなみ野シティ)として開発がすすめられ、大規模な団地となっている。整備に伴い住居表示による町名整理で1997年より順次新町名の移行が進んでおり、2014年現在で宇津貫町として残る区域は少ない。

歴史[編集]

沿革[編集]

  • 1889年(明治22年)4月1日 - 町村制施行により、神奈川県南多摩郡小比企村、片倉村、宇津貫村、北野村、打越村、西長沼村(一部除く)が合併し、由井村が成立する。宇津貫村は由井村大字宇津貫となる。
  • 1955年(昭和30年)4月1日 - 由井村が八王子市に編入され、由井村大字宇津貫は八王子市大字宇津貫となる。
  • 1956年(昭和31年)10月1日 - 町名変更により八王子市大字宇津貫は八王子市宇津貫町となる。
  • 1997年(平成9年)2月1日 - 住居表示実施のため宇津貫町の一部が兵衛一丁目として分立[3]
  • 1998年(平成10年)1月31日 - 住居表示実施のため宇津貫町の一部がみなみ野三丁目として分立[3]
  • 1999年(平成11年)1月30日 - 住居表示実施のため宇津貫町の一部がみなみ野四丁目、七国六丁目として分立[3]
  • 2000年(平成12年)2月5日 - 住居表示実施のため宇津貫町の一部がみなみ野三・四丁目、七国六丁目として分立[3]
  • 2001年(平成13年)2月3日 - 住居表示実施のため宇津貫町の一部がみなみ野二・三・四丁目として分立[3]
  • 2002年(平成14年)2月2日 - 住居表示実施のため宇津貫町の一部がみなみ野三丁目、七国二・五・六丁目として分立[3]
  • 2003年(平成15年)2月8日 - 住居表示実施のため宇津貫町の一部がみなみ野二・四丁目、七国六丁目として分立[3]
  • 2004年(平成16年)1月31日 - 住居表示実施のため宇津貫町の一部がみなみ野四丁目、七国五丁目として分立[3]
  • 2004年(平成16年)12月4日 - 住居表示実施のため宇津貫町の一部が兵衛一・二丁目として分立[3]
  • 2005年(平成17年)10月8日 - 住居表示実施のため宇津貫町の一部が七国一・二丁目として分立[3]
  • 2006年(平成18年)12月16日 - 住居表示実施のため宇津貫町の一部が七国三・六丁目として分立[3]
  • 2012年(平成24年)6月19日 - 住居表示実施のため宇津貫町の一部が兵衛二丁目として分立[3]

交通[編集]

鉄道[編集]

地内に鉄道は通過していない。

道路[編集]

地内に一般国道・都道は通過していない。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 平成25年度町丁別世帯数及び人口(Excel)|八王子市 Archived 2013年12月24日, at the Wayback Machine. 11月末日現在(エクセルファイル 47.5KB)より。2014年1月1日閲覧。
  2. ^ 住居表示実施状況・旧新住所対照表”. 八王子市 (2016年2月1日). 2016年5月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年6月5日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l 住居表示 旧新住所対照表|八王子市 Archived 2014年1月2日, at the Wayback Machine. 2014年1月1日閲覧。

参考文献[編集]