大野町 (広島県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
おおのちょう
大野町
廃止日 2005年11月3日
廃止理由 編入合併
大野町宮島町廿日市市
現在の自治体 廿日市市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中国地方山陽地方
中国・四国地方
都道府県 広島県
佐伯郡
団体コード 34323-4
面積 70.75km²
総人口 26,484
推計人口、2005年11月1日)
隣接自治体 廿日市市大竹市宮島町
町の木 ベニマンサク
町の花 ウメ
町の鳥 ウグイス
大野町役場
所在地 739-0492
広島県佐伯郡大野町大国1丁目1番1号
Ex Ono town office.JPG
外部リンク 大野町
特記事項 現在、当時の町役場は廿日市市役所大野支所として使われている。
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

大野町(おおのちょう)はかつて広島県佐伯郡に存在した町である。2005年11月3日、大野瀬戸を隔てて隣接する佐伯郡宮島町とともに廿日市市へ編入された。

沿革[編集]

  • 1889年4月1日 - 市町村制施行。大野町域には当時佐伯郡大野村だけが存在した。以来116年間廃置分合を経験せず、単独村政 → 町制を貫いた。
  • 1950年4月1日 - 大野村が町制施行して大野町となる。
  • 1983年6月1日 - 鳴川地区の一部を大竹市に割譲し、大竹市から玖波町鳴川・玖波3丁目の一部を編入する。
  • 1985年4月1日 - 福面地区の一部を佐伯郡廿日市町(当時)に割譲し、佐伯郡廿日市町から地御前字阿品及び阿品台の一部を編入する。
  • 2005年11月3日 - 大野瀬戸を隔てて隣接する佐伯郡宮島町とともに廿日市市へ編入され消滅する。また、この合併をもって佐伯郡も消滅した。

経済[編集]

農業
『大日本篤農家名鑑』によれば大野村の篤農家は、「中丸次兵衛、松原賞一、山崎小十、三戸友助、川口徳兵衛、中川傳次郎」などである[1]

主要施設[編集]

地理[編集]

[編集]

  • 経小屋山(標高596.6m)
  • 城山(標高265.6m)

名所・旧跡[編集]

  • 妹背(いもせ)の滝
  • おおの自然観察の森
  • チチヤスハイパーク - 梅園や牧場、プールもある。
  • 渡ノ瀬ダム
  • 上田宗箇の墓
  • 宮浜温泉
  • 海の見える杜美術館
  • 白糸の滝

産業[編集]

小字・町名(2005年11月2日当時のデータ)[編集]

  • 嵐谷(あらしだに)
  • 池田(いけだ)
  • 猪ノウツ(いのうつ)
  • 梅原1 - 2丁目(うめはら)
  • 大国1 - 2丁目(おおくに)
  • 沖塩屋1 - 4丁目(おきしおや)
  • 小田ノ口(おだのくち)
  • 垣ノ浦(かきのうら)
  • 賀撫津(がぶつ)
  • 上更地(かみさらじ)
  • 上の浜1 - 2丁目(かみのはま)
  • 鴉ヶ岡(からすがおか)
  • 経小屋(きょうごや)
  • 毛保(けぼ)
  • 郷(ごう)
  • 小山(こやま)
  • 塩屋1 - 2丁目(しおや)
  • 四十八坂(しじゅうはっさか)
  • 下更地(しもさらじ)
  • 下灘(しもなだ)
  • 下の浜(しものはま)
  • 十郎原(じゅうろうばら)
  • 陣場(じんば)
  • 早時(そうとき)
  • 対厳山1 - 3丁目(たいげんざん)
  • 鯛ノ原(たいのはら)
  • 高畑(たかばたけ)
  • 高見(たかみ)
  • 滝ノ下(たきのした)
  • 棚田(たなだ)
  • 田屋(たや)
  • 土井(どい)
  • 中津岡(なかつおか)
  • 中山(なかやま)
  • 鳴川(なるかわ)
  • 奴メリ谷(ぬめりだに)
  • 橋本(はしもと)
  • 八坂1 - 2丁目(はっさか)
  • 林が原1 - 2丁目(はやしがはら)
  • 原1 - 4丁目(はら)
  • 深江1 - 3丁目(ふかえ)
  • 福面1 - 3丁目(ふくめん)
  • 古川(ふるかわ)
  • 別府(べふ)
  • 前空1 - 6丁目(まえぞら)
  • 丸石1 - 5丁目(まるいし)
  • 水口(みずぐち)
  • 水ノ越(みのこし)
  • 宮島口1 - 4丁目(みやじまぐち)
  • 宮島口上1 - 2丁目(みやじまぐちうえ)
  • 宮島口西1 - 3丁目(みやじまぐちにし)
  • 宮島口東1 - 3丁目(みやじまぐちひがし)
  • 宮浜温泉1 - 3丁目(みやはまおんせん)
  • 物見西1 - 3丁目(ものみにし)
  • 物見東1 - 2丁目(ものみひがし)
  • 横撫(よこなで)
  • 渡ノ瀬(わたのせ)

※合併を経験していないため大字は編成されていない。

交通(2005年11月2日当時のデータ)[編集]

鉄道[編集]

JR山陽本線広島電鉄宮島線が通っており、町内にはそれぞれ以下の施設がある。

JR山陽本線
広島電鉄宮島線

路線バス[編集]

道路[編集]

高規格道路
国道
主要地方道
一般県道

船舶[編集]

※いずれも厳島と本土を結ぶ航路である。

教育(2005年11月2日当時のデータ)[編集]

小学校[編集]

  • 大野町立大野西小学校
  • 大野町立大野東小学校

中学校[編集]

  • 大野町立大野中学校
  • 大野町立大野東中学校

高等学校[編集]

出身有名人[編集]

1990年代半ば - 2000年代初頭の中国放送テレビの夕方の顔として知られる。
本籍・佐伯郡大野村[3]。住所・広島市段原町[3]

脚注[編集]

  1. ^ 『大日本篤農家名鑑』93頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年10月19日閲覧。
  2. ^ a b c d 『広島県紳士録 昭和8年版』pp151-164(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年10月19日閲覧。
  3. ^ a b c 『広島県紳士録 昭和8年版』p85(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年10月19日閲覧。

参考文献[編集]

  • 大日本篤農家名鑑編纂所編『大日本篤農家名鑑』大日本篤農家名鑑編纂所、1910年。
  • 『広島県紳士録 昭和8年版』西日本興信所、1933年。

関連項目[編集]