大縣神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大縣神社
Ōagata-jinja Haiden.jpg
拝殿
所在地 愛知県犬山市宮山3
位置 北緯35度19分48.56秒
東経136度57分58.45秒
座標: 北緯35度19分48.56秒 東経136度57分58.45秒
主祭神 大縣大神
社格 式内社名神大
尾張国二宮
国幣中社
別表神社
創建 垂仁天皇27年(紀元前3年
本殿の様式 尾張造
例祭 3月15日の直前の日曜日(豊年祭)、3月(梅まつり)
地図
大縣神社の位置(愛知県内)
大縣神社
大縣神社
テンプレートを表示
鳥居

大縣神社(おおあがたじんじゃ)は、愛知県犬山市にある神社である。旧社格は、式内社名神大社)・尾張国二宮・旧国幣中社別表神社

なお「縣(あがた、けん)」と言う字は、「県」と言う字の旧字体(一部の辞書では、異体字としているものもある)である。そのため「大県神社(読みは同じ)」と表記する場合もある。

歴史[編集]

概史[編集]

尾張主要3神の神階
真清田神 大縣神 熱田神
822年 -- -- 従四位下
833年 -- -- 従三位
→正三位
847年 無位
→従五位下
無位
→従五位下
--
853年 従五位上
→従四位下
従五位下
→従四位下
--
859年 -- 従四位下
→従四位上
正三位
→従二位
従二位
→正二位
865年 従四位上
→正四位上
-- --
873年 -- 従四位上
→正四位下
--
神名帳 名神大 名神大 名神大
一宮制 一宮 二宮 三宮

社伝によれば「垂仁天皇27年(紀元前3年)に、本宮山の山頂から現在地に移転した」とある。

神階[編集]

祭神[編集]

祭神は、大縣大神(おおあがたのおおかみ)としている。大縣大神は、国狭槌尊とする説、天津彦根命(大縣主の祖神)とする説、少彦名命とする説、大荒田命(日本武尊の三世孫で迩波縣君の祖)とする説、武恵賀前命神八井耳命の孫)とする説などがあり、はっきりしない。いずれにしても、「大縣大神は、尾張国開拓の祖神である」とされている。

境内[編集]

姫の宮と梅園
斜面を利用して作られた梅園。
姫石

境内には、いくつかの境内社がある。かつては別宮二社、末社52社があったとされる。その中の一つの摂社の姫の宮には、玉姫命が祀られている(倉稲魂神とする説もある)。ここは古来より安産・子授など女性の守護神として崇敬されており、女陰をかたどった石などが奉納されている。これは小牧市田縣神社男根に対応するものである。本宮山の山頂には、大縣大神の荒魂を祀る本宮社がある。

また同神社は、愛知県で二番目に大きい前方後円墳である茶臼山古墳(青塚古墳)も管理している。付近には、円墳などの古墳群が点在する。

境内の裏手のある山の斜面には、約300本のしだれ梅の梅園がある。

祭事[編集]

豊年祭[編集]

別名「於祖々祭(おそそ祭)」とも言う。毎年3月15日直前の日曜日に行なわれる祭事。女陰をかたどった山車などが練り歩く。この祭りと対になっているのが、田縣(たがた)神社の豊年祭で、こちらでは男根をかたどった神輿が練り歩く。

梅まつり[編集]

毎年3月、梅の花が咲く時期に行なわれる祭。俳句大会なども行なわれる。

文化財[編集]

重要文化財
  • 本殿[1] 附透塀1棟、古図1枚、棟札12枚
  • 祭文殿及び東西回廊[1] 附棟札1枚

施設[編集]

  • 総合結婚式場大縣神社
  • 梅園
  • 楽田神社
  • 大国恵比須神社

所在地[編集]

愛知県犬山市宮山3

交通アクセス[編集]

周辺[編集]

施設[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 大縣神社本殿祭文殿及び東西回廊”. 愛知県. 2013年4月19日閲覧。

参考文献[編集]

関連図書[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]