大王の夢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大王の夢[1](だいおうのゆめ)は、2012年9月8日から2013年6月9日まで放送された韓国KBSのテレビドラマ。全70回。新羅第29代王、武烈王を主人公とした作品。日本では、同年10月からCSのKBSワールドにて「大王の夢 ~王たちの戦争~」のタイトルで放送。2013年11月5日から2014年2月17日までBS朝日で放送していた。

出演[編集]

金龍春の息子。新羅29代大王。
新羅の名将軍。金舒玄の息子。少年の頃にチュンチュと三韓統一の大志を抱き、二人三脚で統一に邁進する。大将軍、上大等、大角干(テガッカン)、太大角干(テデガッカン)と位人臣を極めた。
真平王の王女。新羅27代女王。和白(ファベク)会議(有力貴族の最高会議)で女王に推戴されたが、国内はピダムの専横に苦しみ、国外では女王と言うことを揶揄された。
  • 僧満(スンマン):イ・ヨンア 子役:キム・ヒョンス
真平王の第二王妃。自身の息子を大王にすべく、物語序盤でチュンチュと敵対する。
金庾信の祖父。萬呼の夫で、萬明の父。上大等(サンデドゥン:朝廷の最高位職)を長く務める。栄達・保身の為には政敵と結ぶことも多い。
金春秋の父。文興葛文王。

国(大和朝廷

百済

高句麗

脚注[編集]

[ヘルプ]