高宗 (唐)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
高宗 李治
第3代皇帝
Gaozong of Tang.jpg
高宗肖像画
王朝
在位期間 649年7月15日 - 683年12月27日
姓・諱 李治
為善
小字 稚奴
諡号 天皇大聖大弘孝皇帝
廟号 高宗
生年 貞観2年6月15日
628年7月21日
没年 弘道元年12月4日
683年12月27日
太宗(第9子)
文徳皇后長孫氏
皇后 王皇后
武皇后
陵墓 乾陵
年号 永徽 : 650年 - 655年
顕慶 : 656年 - 661年
龍朔 : 661年 - 663年
麟徳 : 664年 - 665年
乾封 : 666年 - 668年
総章 : 668年 - 670年
咸亨 : 670年 - 674年
上元 : 674年 - 676年
儀鳳 : 676年 - 679年
調露 : 679年 - 680年
永隆 : 680年 - 681年
開耀 : 681年 - 682年
永淳 : 682年 - 683年
弘道 : 683年

高宗(こうそう)は、の第3代皇帝太宗の第9子。母は唐の名臣として名高い鮮卑拓跋を出自に持つ長孫無忌の妹の長孫皇后である[1]

生涯[編集]

父太宗の晩年にあたる貞観17年(643年)、皇太子であった李承乾は、父の寵愛の篤い魏王李泰をねたみ、武力を以て除こうとして失敗した。承乾は皇太子を廃され、泰も排斥された。承乾と泰の母である長孫皇后の兄の長孫無忌の進言もあり、やはり長孫皇后の子である第9子の李治が代わって皇太子に立てられ、太宗の死にともない皇帝に即位した。太宗に溺愛された異母兄の呉王李恪煬帝の外孫でもあった)を擁立する動きが見られたため、長孫無忌は呉王に謀反の嫌疑をかけて自殺に追い込み、一族を処刑した。

663年白村江の戦い百済遺民連合軍に勝利する。666年泰山にて封禅を行う。668年新羅と共同(唐・新羅の同盟)して、以来敵対関係にあった高句麗を滅亡させる(唐の高句麗出兵)。こうして朝鮮半島のほとんどを版図に収め、安東都護府を設置、唐の最大版図を獲得した。しかし、新羅が唐との同盟を破棄し、676年に朝鮮半島全土を統一を達成(唐・新羅戦争)したため、ついに朝鮮半島経営を放棄した。漢民族の国家による朝鮮半島支配は、このあとの成立まで途絶する。

この時期になると、外戚の長孫氏が皇后である武氏の一派によって追放され、代わって武后が政治の実権を掌握するようになっていた。このため高宗は武后廃立を計画したが、失敗する。のちに丹薬による中毒で眼病を患い、健康をそこなった皇帝のもとで実権は完全に武后により掌握された。このような状況のなか683年に死去した。

病気がちであった高宗は、政治において主導権を発揮することはなく、最初は外戚の長孫無忌、その後は皇后の武則天に実権を握られ続けた。

宗室[編集]

后妃[編集]

  • 王皇后:のちに廃位される
  • 武皇后
  • 蕭淑妃
  • 徐婕妤(唐太宗賢妃徐恵の妹)
  • 劉宮人、鄭宮人、楊宮人
  • 韓国夫人 武順(武則天の姉妹)
  • 魏国夫人 賀蘭氏(武則天の姪、武順の娘)

男子[編集]

女子[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 松浦友久 『李白伝記論』 研文出版1994年9月、75頁。ISBN 978-4876361205