太祖王建

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
太祖王建
ジャンル 韓国時代劇ドラマ
放送時間 毎週土・日曜日 午後9時45分
放送期間 2000年4月1日〜2002年2月24日(200回回)
放送国 大韓民国の旗 韓国 日本の旗 日本など
制作局 KBS
演出 キム・ジョンソンカン・イルス
原作 イ・ファンギョン
脚本 イ・ファンギョン
出演者 チェ・スジョンキム・ヨンチョルソ・インソクキム・ヘリパク・サンアヨム・ジョンアキム・ガプス
テンプレートを表示
太祖王建
各種表記
ハングル 태조 왕건
漢字 太祖王建
発音 テジョワンゴン
英語 The King Wang-Geon
テンプレートを表示

太祖王建(テジョワンゴン)は韓国KBSで放送された、韓国の歴史ドラマである。全200話。[1]

概要[編集]

9世紀末、新羅の勢力が衰え、後高句麗後百済、新羅による後三国時代の幕開けから、高麗による三国統一までの物語である。それまでの韓国時代劇は、李氏朝鮮時代を題材としたドラマが主流であった。本作品は、初めて高麗時代を本格的に描き、韓国時代劇の新たな扉を開いた。主演のチェ・スジョンはこの作品が時代劇初主演であり、この後、韓国時代劇の第一人者として活躍していくきっかけとなった。

本作は2000年4月1日から2002年2月24日までの間、『王と妃』の後番組として土曜日・日曜日の週2回、KBS第一テレビにて放送された。男性層からの圧倒的な支持を受け、最高視聴率60.2%、平均視聴率37.3%という高視聴率を叩き出した。最高視聴率は歴代韓国時代劇で第2位であり(第1位は、ホジュンの63.7%)、歴代韓国ドラマの中でも、第8位に入る。週間視聴率第1位・連続29週という記録も打ち立てている。この記録は、『朱蒙』(連続35週)に次いで、歴代韓国ドラマ第2位の記録である。

あらすじ[編集]

新羅が三国(高句麗百済、新羅)を統一して230年の時が流れた。新羅国内は、王位争奪戦が繰り返され、豪族や民衆が反乱を起こし、国力は衰退していった。そんな中、故高句麗であった地では僧侶クンイェが、故百済の地では軍人キョンフォンが勢力を強めていた。主人公のワンゴンはクンイェに認められ、持ち前の知性と人徳で、数々の功績を挙げていく。しかし、絶大な権力を握ったクンイェは暴政を振るうようになる。それを見かねたワンゴンは、クンイェと決別し、新国家建国を決意する。

登場人物[編集]

戦い[編集]

用語[編集]

組織・官職[編集]

高麗
  • 納貨府
宮廷の財物を管理する官庁。
  • 障繕府
皇宮修理や器物製作を担当する官庁。
  • 南廂壇
国の公役を管理する官庁。
後高句麗

 クンイェは遷都の前にも官府を制定していたが、それは臨時的機構であった。本格的な国家体制の整備は、松嶽への遷都以降に行われた。

  • 広評省
豪族の議決機構として国政の最高官府。長は“匡治奈”。のちに“侍中”とも呼ばれる。
  • 兵部
軍事関係の行政を担当する。長は“兵部令”。
  • 大龍部
戸口、租税、公納を担当する。長は“大龍部令”。
  • 寿春部
国の大小事と各種儀式を担当する。長は“寿春部令”。
  • 奉賓部
外交を担当する。長は“奉賓部令”。
  • 義刑台
法律・訴訟・刑罰関連を担当する官庁。長は“義刑台令”。
  • 納貨部
宮殿の中の財物を管理する。長は“納貨部令”。
  • 内奉省
内務や人事を担当する。長は“内奉省令”。
  • 禁書省
国の図書や文書を預かる官庁。長は“禁書省令”。
  • 内軍
王の周辺を護衛する親衛隊。職務はそれだけではなく、豪族や民衆の監視も行う。長は“内軍将軍”。
  • 水壇
水上運輸を預かる官庁。
  • 東宮記室
太子の教育と補佐をする官職。
後百済

 後百済の官職は14等級に分かれていた。これはあくまでも、戦を行うための職級である。なお、文献に残るものはない。学会で記録を検討し、推測したものである。

  • 伊飡
官職の第1等級で、現在の国務総理級官職にあたる。
  • 波珍飡
官職の第2等級で、現在の副総理級官職にあたる。
  • 阿飡
官職の第3等級。
  • 一吉飡
官職の第4等級。
道具 
チャン・ボゴの宝剣 
新羅の英雄チャン・ボゴが信頼する3人の部下に贈ったとされる短剣。
書物 
トソン秘記(道詵秘記) 
僧侶トソンが著した書物。早くから、その存在は知られており、クンイェチョンガンが彼の元を訪れた際、チョンガンが書物の存在についてトソン本人に尋ねている。その後、トソンらが松嶽を訪れてワン・ゴンに手渡した。トソンはワン・ゴンと共に世達寺に入り、トソン秘記を読めるように指導した。
高麗使節要では、太祖が17歳になったときトソンが現れ“そなたは百六[2]の運勢 末世の民はそなたを待つ 軍師を携え陣を備えれば 必要な地理を天時を読む法山川を敬い精通する法 補佐する道理を教えてくれた”と記されている。
多くの関心と話題を集め、千年の間、伝えられてきた秘伝書。風水とそれにまつわる人の運命を記しているらしい。序説には“最もよいすべは世間から逃れること それが駄目なら悪い場を避けること 崑崙山[3]の砂漠の南方から東に伸びて 医巫閭山が生まれ遼東の地が開かれた その先に高い山がそびえ立つ その名は白頭山 山の精気が北に満ちて2つの川をなし 南方に抜けては白頭山脈を築いた 我が大地の地勢は3面が海に挟まれ 北方は遼東に続く 山が多く平地は少ない 人は穏やかで用心深く気が小さい 大地は三千里に長く伸び 東西は千里に満たぬ 南北に細長く山と大地を抱えている 山河の様相のごとく人情も様々で 地域によって異なるゆえそれを理解しろ”と書かれている。

スタッフ[編集]

  • 製作:KBS
  • チーフプロデューサー:アン・ヨンドン
  • プロデューサー:チョン・ヨンチョル
  • 原作・脚本:イ・ファンギョン
  • 演出:キム・ジョンソン、カン・イルス
  • 撮影:チ・ハンギュ、ウ・ソンジュ
  • 映像:ソン・チョルジュ
  • 照明:イ・ヒョンウン、キム・ヒョン、カン・ジュピョン
  • 編集:ミン・ビョンホ
  • 作曲:キム・ドンソン
  • 音響:ユ・ビョンス、キム・ヒョンチャン
  • 語り:キム・ジョンソン (演出を手がけているキム・ジョンソンとは別人)
  • 音楽指揮:イム・テクス
  • 録画:チェ・ミョンギュ
  • 編集監督:キム・ジョンス
  • 製作編集:イ・ビョンフィ、チェ・スンピル
  • ダビング監督:イ・サンボン
  • ダビング:イ・ドンフン
  • VCR編集:ミン・ビョンホ
  • CG:パク・ケソン
  • 編曲:イム・テクス、キム・ドンソン
  • 演奏:KBS交響楽団
  • 指揮:キム・ボン、カン・ソクフィ
  • 合唱:国立合唱団
  • 合唱指揮:ヨン・ジンソブ
  • 音楽:イム・ヒョテク
  • 音響効果:キム・ドンチャン、パク・グヮンフン、チョン・ジョンイル、アン・イグス、イム・ジフン、チュ・ガソン、シン・チェルスン
  • 特殊映像:カン・ハンソク、イ・デュファン
  • 美術製作:KBSアートビジョン
  • 美術監督:イ・ソグウ
  • 舞台デザイン:チョ・サンジン、ヤン・ヨングン
  • 舞台装置:ユ・モチョン、キム・ムファン、ペ・イルギ、チェ・ユンソプ
  • セット製作:イ・チョルス
  • オープンセット製作:イ・サムジュ、キム・グンソク、キム・ジョンミョン、ソン・ギギョン
  • 装飾:キム・フグン
  • 作画:クォン・ヒョクテ
  • 美術開発:キム・ドンス
  • 装置進行:パク・チョンムン
  • 扮装:イ・ソグジェ、キム・ジュイル、キム・ブソン、キム・ミョンゴン、チョ・ソングン、チョン・ヘラン、ユン・ジェイル、ラ・ギョンギュン、
  • 美容:ソ・ネギョン、キム・ジョンナン
  • 小道具製作:チョン・グァンボク
  • 小道具:イ・ジェモ、イ・ジョンフン、キム・スンテ、ソン・ヨンフィ、チョン・スンホ
  • 衣装デザイン:カン・ユンジョン、ユ・スジョン
  • 衣装;ユン・ビョンオ、イ・ジョンウン、ホン・ギイル、チャン・テクス、イ・ソンジュ、パク・ヨンギ、イ・ジェグォン、イ・ソンウ
  • 衣装考証:遊戯軽服食文化研究院、ユ・フィギョン、イ・ガンチル、チョン・ワンソプ、チョ・ヒョスン、イム・ミョンミ、キム・ミジャ
  • 電気效果:キム・セファン、イ・ドンチョン
  • 建築考証:チョン・ギョンホ、キム・ドンヒョン、チュ・ナムチョル、チョン・セフン
  • 王宮製作:(株)熱誠総合建設
  • 補助出演:(株)韓国芸術、イ・ヨンテ、M.T.M
  • 撮影協力:聞慶市長、堤川市長、南漢山城管理事務所、水原火星管理事務所、高敞仙雲寺
  • 武術監督:イ・ヨンス
  • 武術指導:イ・シウン、ウォン・ジン、リュ・ヒョンサン
  • 武術出演:映像武術マッハ
  • スタント:映像武術マッハ
  • 特殊效果:金上司特殊效果、キム・スゴン、イ・マンファン、キム・ミンホ、イ・ドンシン
  • クレーン:クォン・テウォン、キム・ミジュン
  • 録音:コインムビテル、キム・サンウォン、イ・ギョジュン、キム・ヒョンソク
  • 野外照明:李プロダクション、イ・ヒョンウン、パク・ソンフン、キム・ビョンテ、キム・デミン、オ・ヨンウ、ヤン・ギル、イ・チュンギル、ヒョン・チョル
  • 撮影監督:チ・ハンギュ、ウ・ソンジュ、オム・テマン
  • 撮影補:クァク・セジョン
  • 記録:ウム・ミンア
  • 進行:イ・ヒャンボン、チャン・ヤンホ
  • 技術監督:ソ・ギョンテク
  • カメラ監督:イ・ナムム
  • アシスタントディレクター:ハン・チョルギョン、カン・ビョンテク

受賞歴[編集]

2000年 
KBS演技大賞
大賞:キム・ヨンチョル 
助演賞:キム・ハクチョル
2001年
KBS演技大賞 
大賞:チェ・スジョン
最優秀演技賞:ソ・インソク 
優秀演技賞:キム・ガプス 
優秀演技賞:キム・ヘリ 
助演賞:チョン・テウ 
新人賞:イ・グァンギ
2002年 
百想芸術大賞 テレビ部門
大賞
最優秀演技賞:キム・ヨンチョル


 

その他[編集]

 本作品終了後、放送されたドラマ『帝国の朝』(日本語タイトル;『光宗大王 〜帝国の朝〜』)は続編的作品となっている。この作品の脚本を担当したのは、本作品の脚本を担当したイ・ファンギョンである。ワン・ゴン死後、混乱が続く高麗を息子のワン・ソが即位し、高麗繁栄の礎を築くまでの過程が描かれている。帝国の朝には、本作品に登場した人物が多数登場している。また、本作品に出演している俳優も役柄は違うものの、多数出演している。

 

脚注[編集]

  1. ^ 当初は全150話の予定だったが、視聴率の高さや反響の大きさ等により延長され全200話となった。
  2. ^ 百六・・・陰陽道でいう百六年に一度の運勢。
  3. ^ 崑崙山・・・中国・黄河の源で神仙思想における聖山とされる。

DVD-BOX[編集]

発売:株式会社EPCOTT(エプコット)

  • 『太祖王建』DVD-BOX1(第1章 後三国時代の幕開け:前編,1~14話),2008年9月発売
  • 『太祖王建』DVD-BOX2(第1章 後三国時代の幕開け:後編,15~31話),2008年10月発売
  • 『太祖王建』DVD-BOX3(第2章 輝かしい勲功:前編,32~45話),2008年11月発売
  • 『太祖王建』DVD-BOX4(第2章 輝かしい勲功:後編,46~60話),2008年12月発売
  • 『太祖王建』DVD-BOX5(第3章 クンイエ暴政の始まり:前編,61話~74話),2009年1月発売
  • 『太祖王建』DVD-BOX6(第3章 クンイエ暴政の始まり:後編,75話~90話),2009年2月発売
  • 『太祖王建』DVD-BOX7(第4章 革命の機運:前編,91話~104話),2009年3月発売
  • 『太祖王建』DVD-BOX8(第4章 革命の機運:後編,105話~120話),2009年4月発売
  • 『太祖王建』DVD-BOX9(第5章 高麗建国,121話~140話),2009年5月発売
  • 『太祖王建』DVD-BOX10(第6章 後百済の快進撃,141話~160話),2009年6月発売
  • 『太祖王建』DVD-BOX11(第7章 両雄の死闘,161話~180話),2009年7月発売
  • 『太祖王建』DVD-BOX12(第8章 三韓統一,180話~200話),2009年8月発売

外部リンク[編集]