大倉千代子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
おおくら ちよこ
大倉 千代子
本名 坂間 喜代子 (さかま きよこ)
別名義 秋月 弘子 (あきづき ひろこ)
月浦 かすみ (つきうら かすみ)
生年月日 (1915-08-31) 1915年8月31日
没年月日 不詳年
出生地 日本の旗 日本 東京府東京市芝区新堀町(現在の東京都港区
職業 女優
ジャンル 演劇劇映画時代劇現代劇サイレント映画トーキー
活動期間 1925年 - 1942年
1954年
主な作品
虞美人草
初姿

大倉 千代子(おおくら ちよこ、1915年8月31日 - )は、日本の女優である[1][2][3][4][5][6]。本名坂間 喜代子(さかま きよこ)、旧芸名秋月 弘子(あきづき ひろこ)、月浦 かすみ(つきうら かすみ)[3][4][5][6]溝口健二監督の『虞美人草』(1935年)、坂根田鶴子の初監督作『初姿』(1936年)で知られる[2]

人物・来歴[編集]

1915年(大正4年)8月31日東京府東京市芝区新堀町(現在の東京都港区3丁目)に生まれる[5][6]

旧制小学校を経て、満10歳になる1925年(大正14年)、松竹蒲田撮影所を辞した五月信子(1894年 - 1959年)と高橋義信の夫妻が主宰する「近代座[7]に参加する[6]。舞台では『高橋お傳』、『奈津子の母』、『嬰児殺し』、『女給』に出演した[6]

当時、座長の五月は、帝国キネマ演芸の製作・配給する映画にも出演しており[8]、1930年(昭和5年)には、東京・大森の発声映画社が製作したトーキー仮名屋小梅』に、五月・高橋夫妻とともに出演、同年1月7日に公開された記録がある[9]。このときの芸名は「月浦 かすみ」、満14歳であり、これがもっとも古い映画出演記録である[2][3][4]。翌1931年(昭和6年)6月17日には、帝国キネマ演芸製作・配給、押本七之助監督によるサイレント映画一心太助』に「秋月 弘子」の名で出演している[4]。1932年(昭和7年)、帝国キネマ演芸は新興キネマに改組したが、大倉は、満州国巡業を最後に「近代座」を退団、引き続き新興キネマが配給する、尾上菊太郎プロダクション製作のサイレント作品に出演する[3][4][6]

1933年(昭和8年)には、日活太秦撮影所(のちの日活京都撮影所と同一)に移籍、「大倉 千代子」と改名して、山中貞雄監督の『盤嶽の一生』に出演、同作は同年6月15日公開に公開された[2]。1934年(昭和9年)8月に永田雅一が設立した第一映画に移籍、数作に出演したが、なかでも1935年(昭和10年)10月31日に公開された溝口健二監督の『虞美人草』では「小夜子」役を演じ、降板した山田五十鈴の代役を務め、溝口の弟子の女性監督・坂根田鶴子の初監督作『初姿』では主役に抜擢され、同作は翌年3月5日に公開されている[2]

1936年(昭和11年)6月ころには、マキノ正博によるトーキー専門の新しい映画会社、マキノトーキー製作所に移籍している(第二期入社)[2]。同社も翌1937年(昭和12年)4月には解散に至り、團徳麿志村喬らとともに、日活京都撮影所に移籍した[2][10]。1942年(昭和17年)1月27日、戦時統合によって大映が設立され、日活京都撮影所は大映京都撮影所となるが、大映には出演記録がない[2]。翌1943年(昭和18年)4月には、「日活座」なる舞台実演が京都・「南座」で行われ、四代目澤村國太郎月宮乙女尾上菊太郎らとともに出演している[11]。この時点で満27歳であった。

大倉のメインの活動時期である1930年代、当時人気の横綱だった双葉山定次と結婚の噂が存在したが、ロマンスが存在したかどうかは定かではない[12][13]。1936年1月に発行された雑誌『野球界』臨時増刊・春場所相撲号(第26巻第2号)にも、この件についての報道はされた[14]。双葉山は、1939年(昭和14年)4月29日に大阪の一般女性と結婚している[13]

第二次世界大戦後、1954年(昭和29年)に2本の映画出演記録があり、この公開時点で大倉は満38歳であった[2]。1975年(昭和50年)8月に発行された『週刊読売』に掲載された座談会『戦時中の青春、そして30年後のいま』に、還暦を迎えた健在な姿を見せたが[15]、以降の消息は定かではない。

フィルモグラフィ[編集]

すべてクレジットは「出演」である[2][3][4]。役名のわかるものは公開日の右側に記し[2][3][4]東京国立近代美術館フィルムセンター(NFC)所蔵等の上映用プリントの現存状況についても記す[16]

新興キネマ[編集]

基調は新興キネマ配給作品だが、製作・配給についてはそれぞれ記す[3][4]。この時期のクレジットは「月浦かすみ」あるいは「秋月弘子」名義である[3][4]。特筆以外すべてサイレント映画である[2]

日活太秦撮影所[編集]

すべて製作は「日活京都撮影所」あるいは「日活太秦撮影所」、配給は「日活」である[2]。特筆以外サイレント映画である[2]

日活太秦撮影所
日活京都撮影所

第一映画[編集]

虞美人草』(監督溝口健二、1935年)メインタイトル。
浪華悲歌』(監督溝口健二、1936年)メインタイトル。

特筆以外すべて製作は「第一映画」、配給は「松竹キネマ」である[2]。特筆以外トーキーである[2]

マキノトーキー製作所[編集]

特筆以外すべて製作・配給はともに「マキノトーキー製作所」である[2]。以下、すべてトーキーである[2]

  • 黒蜻蛉』 : 監督久保為義、配給千鳥興行、1936年6月5日公開 - おしず[23]、5分の断片のみ現存(NFC所蔵[16]
  • 八州侠客陣』 : 監督マキノ正博・広瀬五郎根岸東一郎、配給千鳥興行、1936年8月7日公開
  • 裸の礫』 : 監督松田定次・広瀬五郎・根岸東一郎、配給千鳥興行、1936年9月5日公開
  • 怪盗影法師』 : 監督マキノ正博、配給千鳥興行、1936年9月23日公開
  • ごろんぼ街』 : 監督マキノ正博・根岸東一郎、1936年10月15日公開 - 秋江・お袖、現存(NFC所蔵[16]
  • 舞扇』 : 監督マキノ正博・広瀬五郎、1936年11月14日公開
  • 忠治活殺剱』(『忠治活殺剣』) : 監督久保爲義・マキノ正博、1936年12月6日公開 - お粂[24][25]、現存(NFC所蔵[16]
  • 初鳶櫓音頭』 : 監督牧陶六(マキノ正博)、1936年12月31日公開
  • 刀を抜いて』 : 監督松田定次、1937年1月15日公開
  • 喧嘩菩薩』 : 監督牧陶六(マキノ正博)、1937年2月28日公開 - おけい[26][27]、現存(NFC所蔵[16]

日活京都撮影所[編集]

左から二番目が大倉(当時満22歳)。一番左が小松みどり、大倉の右が藤川三之祐、以降左から志村喬原駒子…。『血煙高田の馬場』(監督マキノ正博、1937年)のスチル写真
左が大倉、右は阪東妻三郎。『血煙高田の馬場』(同上)のスチル写真。
戸上城太郎とともに。公開当時満25歳、『小判花嫁』(監督紙恭平、1941年)のスチル写真。

特筆以外すべて製作は「日活京都撮影所」、配給は「日活」である[2]

戦後[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 大倉千代子jlogos.com, エア、2012年11月19日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 大倉千代子日本映画データベース、2012年11月19日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h 月浦かすみ、日本映画データベース、2012年11月19日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i 秋月弘子、日本映画データベース、2012年11月19日閲覧。
  5. ^ a b c 大倉千代子KINENOTE, 2012年11月19日閲覧。
  6. ^ a b c d e f 映画世界社[1934], p.45.
  7. ^ デジタル版 日本人名大辞典+Plus『五月信子』 - コトバンク, 2012年11月19日閲覧。
  8. ^ 五月信子、日本映画データベース、2012年11月19日閲覧。
  9. ^ 仮名屋小梅、日本映画データベース、2012年11月19日閲覧。
  10. ^ マキノ[1977], p.338-374.
  11. ^ 国立劇場[2005], p.41.
  12. ^ 浅香、p.125.
  13. ^ a b アイドル、p.4.
  14. ^ 野球界 26/2国立国会図書館、2012年11月19日閲覧。
  15. ^ 読売、p.128-135.
  16. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 大倉千代子東京国立近代美術館フィルムセンター、2012年11月19日閲覧。
  17. ^ さむらひ仁義日活データベース、2012年11月19日閲覧。
  18. ^ 月光人斬橋、日活データベース、2012年11月19日閲覧。
  19. ^ 弥次喜多 江戸の巻、日活データベース、2012年11月19日閲覧。
  20. ^ 仮面の剣、日活データベース、2012年11月19日閲覧。
  21. ^ 愛刀小松五郎、日活データベース、2012年11月19日閲覧。
  22. ^ 仁侠二筋道、日活データベース、2012年11月19日閲覧。
  23. ^ 黒蜻蛉、東京国立近代美術館フィルムセンター、2012年11月19日閲覧。
  24. ^ 忠治活殺剱、東京国立近代美術館フィルムセンター、2012年11月19日閲覧。
  25. ^ 忠治活殺剣、日本映画データベース、2012年11月19日閲覧。
  26. ^ 喧嘩菩薩、東京国立近代美術館フィルムセンター、2012年11月19日閲覧。
  27. ^ 喧嘩菩薩、日本映画データベース、2012年11月19日閲覧。
  28. ^ 八丁浜太郎、日活データベース、2012年11月19日閲覧。
  29. ^ 血染めの手形、日本映画情報システム、文化庁、2012年11月19日閲覧。
  30. ^ 喧嘩主従、日活データベース、2012年11月19日閲覧。
  31. ^ 燃ゆる黎明、日活データベース、2012年11月19日閲覧。
  32. ^ 赤垣源蔵、日活データベース、2012年11月19日閲覧。
  33. ^ 荒獅子、日活データベース、2012年11月19日閲覧。
  34. ^ 初姿人情鳶、日活データベース、2012年11月19日閲覧。
  35. ^ 鞍馬天狗 江戸日記、日活データベース、2012年11月19日閲覧。
  36. ^ 牢獄の花嫁、日活データベース、2012年11月19日閲覧。
  37. ^ 純情一代男、日活データベース、2012年11月19日閲覧。
  38. ^ 北海に叫ぶ武士、日本映画情報システム、文化庁、2012年11月19日閲覧。
  39. ^ 母なき家の母、日活データベース、2012年11月19日閲覧。
  40. ^ ひよどり草紙 1954、日本映画情報システム、文化庁、2012年11月19日閲覧。
  41. ^ 花吹雪 御存じ七人男、東京国立近代美術館フィルムセンター、2012年11月19日閲覧。
  42. ^ 花吹雪御存じ七人男、日本映画データベース、2012年11月19日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]