荒井良平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
あらい りょうへい
荒井 良平
生年月日 (1901-10-22) 1901年10月22日
没年月日 (1980-10-22) 1980年10月22日(79歳没)
出生地 日本の旗 日本 長野県上田市
死没地 日本の旗 日本 香川県小豆郡内海町(現在の同県同郡小豆島町内海地区)
職業 映画監督脚本家俳優
ジャンル 劇映画現代劇時代劇剣戟映画サイレント映画トーキー
活動期間 1923年 - 1959年
配偶者
著名な家族 3男
荒井良雄 (長男)
主な作品
鍔鳴浪人

荒井 良平(あらい りょうへい、1901年10月22日 - 1980年10月22日)は、日本の映画監督脚本家俳優である[1][2][3][4][5][6][7]

人物・来歴[編集]

1901年明治34年)10月22日長野県上田市に生まれる[1][2]

長じて東京に移ったが、1923年(大正12年)9月1日に関東大震災が起き、焼け出されて大阪に移る[1]。当時、日活大将軍撮影所の時代劇の原作募集に応募、入選した[1]。これをきっかけに同所の池永浩久の面接を受けて、監督志望である旨を伝えたが、俳優研究生として同社に入社した[1]。記録に残るもっとも早い時期の出演作は、1926年(大正15年)2月28日に公開された楠山律監督の現代劇愛の貴公子』における「滝川耀子の父・義人」役で、満24歳にして宮部静子の父親役を演じた[3][4][7]。1928年(昭和4年)8月、同社を退社、福井に人造絹糸の工場を開き、実業家に転身する[1]

1929年(昭和4年)、新設された日活太秦撮影所(のちの大映京都撮影所、現存せず)に復帰、同年3月31日に公開された池田富保監督の『英傑秀吉』に出演したのを最後に、助監督に転向、池田富保、仏生寺弥作伊藤大輔に師事した[1][3][4][7]。1933年(昭和8年)1月10日に公開された『新蔵兄弟』で映画監督としてデビューした[1][3][4][7]。『水戸黄門 来国次の巻』(1934年)、『水戸黄門 密書の巻』(1935年)、『水戸黄門 血刃の巻』(同)、『牢獄の花嫁』(1939年)、『鍔鳴浪人』(同)等のヒット作を手がけ、「ドル箱監督」としての地位を築いた[1]。1942年(昭和17年)、大日本帝国陸軍第25軍報道部に所属して、マレー半島およびスマトラ島に配置される[1]

第二次世界大戦終結後は、1947年(昭和22年)9月には、マキノ眞三マキノ映画短篇教育映画ゴムまり』を監督、1948年(昭和23年)9月28日に公開された『サザエさん 前後篇』(『サザエさん 七転八起の巻』)を監督した[3][5]。1953年(昭和28年)からは大映京都撮影所と契約した[1][3]。1959年、テレビドラマ『アチャコ武芸帖』を最後に監督を引退[8](テレビドラマデータベースでは1957年(昭和32年)に放映されたテレビ映画『甘から横丁』が、荒井の「監督引退記念作」とされる[9])。をその後は、調布の日活撮影所で端役を演じたりした[7]。晩年は、瀬戸内海小豆島に移住した[1]

1980年(昭和55年)10月22日香川県小豆郡内海町(現在の同県同郡小豆島町内海地区)で死去した[2]生没同日、満79歳没。

1997年(平成9年)11月に行われた第10回東京国際映画祭「ニッポン・シネマ・クラシック」部門で、山中貞雄とともに応援監督として参加した『大菩薩峠 第一篇 甲源一刀流の巻』(監督稲垣浩、1935年)が上映された。

フィルモグラフィ[編集]

特筆以外すべてクレジットは「監督」である[3][4]。公開日の右側には役名[3][4]、および東京国立近代美術館フィルムセンター(NFC)、マツダ映画社所蔵等の上映用プリントの現存状況についても記す[5][10]。同センター等に所蔵されていないものは、とくに1940年代以前の作品についてはほぼ現存しないフィルムである。

日活大将軍撮影所[編集]

すべて製作は「日活大将軍撮影所」、配給は「日活」、すべてサイレント映画である[3][4][7]

日活太秦撮影所[編集]

すべて製作は「日活太秦撮影所」、配給は「日活」、すべてサイレント映画である[3][4][7]

日活京都撮影所[編集]

特筆以外すべて製作は「日活京都撮影所」(太秦)、配給は「日活」、特筆以外すべてトーキーである[3][4][7]

フリーランス[編集]

大映京都撮影所[編集]

特筆以外すべて製作は「大映京都撮影所」、配給は「大映」である[3][4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l キネマ旬報社[1976], p.16.
  2. ^ a b c 荒井良平jlogos.com, エア、2013年1月21日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l 荒井良平日本映画データベース、2013年1月21日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j 荒井良平、日本映画情報システム、文化庁、2013年1月21日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m 荒井良平東京国立近代美術館フィルムセンター、2013年1月21日閲覧。
  6. ^ a b 荒井良平KINENOTE、2013年1月21日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g h i j k l 荒井良平、日活データベース、日活、2013年1月21日閲覧。
  8. ^ 『やくざ監督東京進出』p346〜348、西原儀一著・円尾敏郎編、ワイズ出版、2002年                                  荒井とともに『アチャコ武芸帖』の演出を担当した西原儀一は、出演した雲井三郎と演技に関して揉めた事等で、自信をなくしたのではないかと証言している。
  9. ^ 甘から横丁テレビドラマデータベース、2013年1月21日閲覧。
  10. ^ a b c d e 主な所蔵リスト 劇映画 邦画篇マツダ映画社、2013年1月21日閲覧。
  11. ^ 玩具映画プロジェクト 時代劇大阪芸術大学、2013年1月21日閲覧。
  12. ^ アチャコ武芸帖テレビドラマデータベース、2013年4月14日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]