地上デジタル放送開始4局合同特番・テレビが変わる!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
地デジ4Youから転送)
移動先: 案内検索
生放送が行われたTNC放送会館

地上デジタル放送開始4局合同特番・テレビが変わる!』(ちじょうデジタルほうそうかいしよんきょくごうどうとくばん・テレビがかわる)とは、2006年7月1日地上デジタル放送を開始した福岡県民放テレビ局4社(RKB毎日放送テレビ西日本(TNC)、福岡放送(FBS)、TVQ九州放送)が共同制作し、この日の10:00 - 10:30に4局サイマル生放送された特別番組

概要[編集]

この日、地上デジタル放送開始記念式典が行われていたTNC放送会館内『パヴェリアホール』からの生放送。オープニングの挨拶は放送会館4階テラスで行われ、デジアナ地上デジタル放送推進大使)を務める川添麻美(RKB)、高山梨香(TNC)、若林麻衣子(FBS)、立花麻理(TVQ)の4人がユニフォームである白のスーツ姿で登場。4人は番組のメインを務めた。

10:04に4局の代表取締役社長がスイッチを押し、地上デジタルの本放送が開始された後(クレジットされていなかったが、進行はRKBアナウンサーの坂田周大が務めた)、各局がそれぞれ一つずつテーマに基づいて制作した「地デジの魅力」をPRするVTRが放送された(後述)。

また、VTRの合間には5.1chサラウンドの実演が行われ、嘉穂劇場で演奏されたベートーベンの「第九」や、ヤフードームの「ソフトバンク×楽天」で松中信彦がヒットを打ったVTRが臨場感たっぷりに上演された。

番組の最後には今後のエリア拡大予定が紹介され、さらに4局のマスコットキャラクター(RKB…ももピッ!、FBS…ゆめんた、TVQ…モニ太、TNC…てれビー)が自局のリモコンキーIDを持って勢ぞろいし、番組を締めくくった。

各局が制作したVTR一覧[編集]

地デジは高画質(RKB担当)
RKBのデジアナ川添麻美が同局の夕方ワイド番組『今日感テレビ』キャスターの川上政行池尻和佳子に地デジの画質の良さを説明。また、不定期で金曜日のコメンテーターを務める吉村作治が「地デジの高画質は生でミイラに出会う位の感動」とアピール。
情報まるわかり・データ放送(TVQ担当)
TVQのデジアナ立花麻理が同局の子供向けバラエティ番組ばりすご★ボイガー7』の3923田中選手にデータ放送やEPGの使い方をレクチャー。
地デジ塾『ワンセグ』(TNC担当)
TNCのデジアナ高山梨香が同局朝の情報番組『ももち浜ストア』の福田健次津野瀬果絵内堀富美にワンセグの仕組みや便利さ、画質の良さなどをレクチャー(フォーマットは高山が担当する木曜日のコーナー「ヤング塾」を踏襲)。VTRに気象予報士手嶋準一が登場した他、VTRの後高山が福岡タワー前に出て、シーサイドももち周辺で営業しているベロタクシーの運転手の男性にもワンセグを体感してもらった。
これでバッチリ!地デジの見方(FBS担当)
FBSアナウンサーの牟田剛司と、局がデジタル放送のPRのために結成した女性4人のユニット「デジタル・ハニー」が地デジを見るために必要な機械や工事、手続きについて説明。

備考[編集]

福岡県におけるこの他の地上デジタル放送開始記念特番(7月1日放送分)[編集]

この特番の終了後も、TNCを除く各局ではハイビジョンを生かした自社制作の特別番組(地上デジタル放送開始記念特番)が放送された。

RKB毎日放送[編集]

  • 今日感テレビ・地デジGO!GO!
  • 吉村作治エジプト4000年・夢への挑戦 ミイラ発見!4000年の時を超えて〜デジタル完全版〜

福岡放送[編集]

TVQ九州放送[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

参加各局のデジタル放送PRサイト