土佐光信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
星光寺縁起絵巻 原本は文明19年(1495年)作。東京国立博物館蔵、重文。本作はかつて光信筆とされていたが、近年は作画の粗さや、『実隆公記』では実隆自筆と記載されている詞書の書風が本絵巻では実隆のものと全く異なる点が指摘され、光信の原本制作直後の忠実な模本とされる[1]

土佐 光信(とさ みつのぶ、永享6年(1434年)? - 大永5年5月20日1525年6月10日)?)は、室町時代中期から戦国時代にかけての大和絵絵師土佐広周の嗣子で、実際は土佐光弘の子。子に土佐光茂がいる。土佐(常盤)光長土佐光起とともに土佐派三筆と称され、土佐派中興の祖とされる。官位従四位下刑部大輔

生涯[編集]

寛正3年(1463年従五位上に叙位[2]室町幕府8代将軍足利義政御教書によると、文明元年(1469年)10月に絵所預に輔任されている。明応4年(1495年正五位下右近衛将監の叙任を受け、明応5年(1496年)12月5日に刑部大輔に転任する旨の口宣案が出され、明応10年(1501年)2月9日には従四位下に昇叙し、絵師としては最高の位を得た。

土佐家の家伝書[3]には、「光信は義政に近侍し寵愛を得たため、義政死後その肖像を作り子孫に残し、義政の忌日にはその図像をかけ供養した」とある。

絵所」とは、平安時代には別当以下の組織からなる内裏内に存在した絵画制作所であったが、鎌倉時代以後、宮廷に関わる絵画制作は内裏の外にある民間工房が、「絵所預」という立場を得て請け負うようになっていた。光信は、「絵所預」という立場を意図的に利用し、自ら平安時代の宮廷文化を継承する絵師と位置づけることで自己の正当性を打ち出し、工房経営の戦略として絵所預を獲得、強化したのだと考えられる[4]

永正3年(1506年)越前の朝倉貞景のために「京中図」を描き(現存せず)、礼に太刀一腰を贈られた。これが洛中洛外図の文献上における初見である。

公家武家寺社のため多くの作品を描き、大和絵の題材・技法・様式を拡大した。特に絵巻物が巧みで伝統的な絵巻の他に、当時「小絵」と呼ばれた小型絵巻を描いた事が史料と現存作品から確かめられる。また、同時代の史料から肖像画も評価されていたことがわかる。

連歌を好み、心敬宗祇など当時を代表する連歌師と一緒に句を詠み、また、源氏物語の学習に努めた。こうした貴顕との交流や光信の教養が、パトロンを得る手がかりになると共に、光信の絵に画趣を与えたと考えられる。

代表作[編集]

『十王図』の三途川の場面
後円融院像
三条西実隆像紙形
  • 本作品は光信と描法や人物表現が光信と異なり、別の絵師の作だと考えられる。伝光信作品の中には、「鶴草紙」(京都国立博物館蔵)、「狐草紙」(個人蔵)、「白描平家物語絵巻」(京都国立博物館ほか蔵)など共通する画風の作品が残り、この第4巻も光信ではない土佐派の有力絵師の作だと推測される。絵師の候補として、分家筋に当たる土佐行定だとする説が有力だが、行定には確定的な遺作がなく、推測の域を出ない[5]
  • 現在、この作品を収める箱蓋裏には、天明9年(1789年)に江戸時代中期の絵師・土佐光貞が本作品を土佐光信が足利義政を描いた物と記している。他にも『集古十種』「古肖像画」部や、シーボルトが出版した『日本』に載せられた義政像も、本作品を元にしている。
  • しかし、本作品やこれを写した模本の画中には、像主の家紋を入れる故実があるの縁、鏡台の蒔絵指貫などの装束に「左三つ巴」紋が散見し、足利将軍家家紋である桐紋ではない。左三つ巴紋は、橋本家小倉家など西園寺家庶流の家紋である。しかし、画中に親王大臣以上が用いる大紋縁のが描かれているおり、大納言までしか登れない羽林家である両家では家格と釣り合わない。そのため、家紋は不明だが大臣を輩出する洞院家の誰か、特に「東山左大臣」と呼ばれた洞院実熙の可能性が高い。この肖像が画中の家紋を無視して義政像とされてきた理由は、本来の表具や箱などに記されていたと思われる「東山左大臣」を、義政の称号「東山殿」と混同し、「東山左大臣」の表記が失われた後も義政像という伝承だけは残ったためだと推定される[6]
  • 上記3点は小絵と呼ばれた小型絵巻。

脚注[編集]

  1. ^ 榊原悟 「「星光寺縁起絵」私見」、「MUSEUM(東京国立博物館研究誌)423」所収、1986年
  2. ^ 『歴名土代』
  3. ^ 『土佐家史料』京都市立芸術大学芸術資料館蔵
  4. ^ 亀井若菜 『表彰としての美術、言説としての美術史』ブリュッケ、58-63頁、ISBN 978-4-434-03644-6
  5. ^ 滋賀県立近代美術館 國賀由美子 企画・編集 『石山寺縁起絵巻の全貌 --重要文化財七巻一挙大公開--』 「石山寺縁起の世界」展実行委員会、京都新聞社、2012年、132-133頁。
  6. ^ 落合謙暁 「土佐家伝来の伝足利義政像について」日本歴史学会日本歴史吉川弘文館、2012年9月号、所収。

参考資料[編集]

関連項目[編集]