国保祥子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
こくぼ あきこ
国保 祥子
居住 日本の旗 日本
研究分野 経営学
研究機関 慶應義塾大学
静岡県立大学
出身校 南山大学外国語学部卒業
慶應義塾大学大学院
経営管理研究科
修士課程修了
慶應義塾大学大学院
経営管理研究科
博士後期課程単位取得退学
主な業績 社会性経済性を両立させる
ソーシャルビジネス
マネジメントの研究
人を育てる
組織のマネジメントの研究
プロジェクト:人物伝

国保 祥子(こくぼ あきこ)は、日本経営学者組織マネジメントソーシャルビジネス)、実業家学位博士(経営学)慶應義塾大学2011年)。静岡県立大学経営情報学部講師大学院経営情報イノベーション研究科講師、株式会社ワークシフト研究所取締役最高執行責任者(初代)・所長(初代)・主席研究員

慶應義塾大学大学院経営管理研究科特別研究助教、静岡県立大学経営情報学部助教などを歴任した。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

南山大学に進学し、外国語学部の英米科にて学んだ[1]1999年、南山大学を卒業した[1]。大学卒業後は、外資系IT企業での業務変革コンサルティング経験を経て、慶應義塾大学大学院に進学し、経営管理研究科にて学んだ[1]2005年、慶應義塾大学の大学院の修士課程を修了した[1]。それにともない、修士(経営学)学位が授与された[2]2010年、慶應義塾大学の大学院の博士後期課程を単位取得退学した[1]。その傍ら、2007年9月から2009年10月にかけて、経営管理研究科の特別研究助教非常勤で務めていた[3]。なお、2011年には、慶應義塾大学より博士(経営学)の学位を取得している[2]。論文の題は「ソーシャル・アントレプレナーの資源調達における正当性の影響 (How the legitimacy impact on a social entrepreneur's resource mobilization)」[4]

研究者として[編集]

2009年11月、母校である慶應義塾大学に常勤教員として採用され、大学院の経営管理研究科にて特別研究助教となった[3]。既に2007年9月から特別研究助教を務めていたが、その間はあくまで非常勤としての扱いであった[3]。2010年3月、慶應義塾大学の特別研究助教を退任した[3]。翌月からは静岡県立大学に転じ、経営情報学部助教に就任した[3]。経営情報学部においては、主として経営情報学科講義を担当した。また、静岡県立大学の大学院においては、経営情報学研究科の助教を兼務することとなった。経営情報学研究科においては、主として経営情報学専攻の講義を担当した。2011年4月、静岡県立大学の大学院に経営情報イノベーション研究科が新設されると、そちらの助教も兼務した。経営情報イノベーション研究科においては、主として経営情報イノベーション専攻の講義を担当した。その傍ら、古巣である慶應義塾大学においては、2010年7月から2011年3月にかけ、大学院の経営管理研究科にて特別研究助教を非常勤で兼任した[3]。2011年4月からは、慶應義塾大学の総合政策学部環境情報学部において、講師を非常勤で兼任している[3]2015年4月、静岡県立大学の経営情報学部にて講師に昇任した[3]。同時に、静岡県立大学の大学院にて、経営情報イノベーション研究科の講師を兼務することとなった。また、コンサルタント小早川優子編集者宮内あすかとともに[5]、2015年12月にワークシフト研究所を設立した[6][7]。小早川が代表取締役社長最高経営責任者を兼務し[5][6]、宮内が最高戦略責任者に就任した[5]。国保は取締役として最高執行責任者に就任するとともに[7]所長を兼務し[5][7]、さらに主席研究員も務めた[7]

研究[編集]

専門は経営学であり、特に組織マネジメントソーシャルビジネスといった分野を研究している[8]。具体的には、社会性経済性の両立を図る社会的企業マネジメントや、人材育成を図る組織のマネジメントなどを研究している[9]。また、人材育成やビジネスインキュベーションなどを目的としたフューチャーセンターの運営にも取り組んでいる[9]学術団体としては、組織学会日本ベンチャー学会、企業家研究フォーラム、情報社会学会、21世紀社会デザイン研究学会などに所属している[10]。また、ネスレ日本岡野美佳らとともに、「育休プチMBA勉強会」を創設した[11][12][13][14]

略歴[編集]

著作[編集]

単著[編集]

共著[編集]

分担執筆、等[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 「学歴」『教員情報詳細:静岡県立大学教員データベース静岡県立大学
  2. ^ a b 「学位」『教員情報詳細:静岡県立大学教員データベース静岡県立大学
  3. ^ a b c d e f g h 「主な経歴」『教員情報詳細:静岡県立大学教員データベース静岡県立大学
  4. ^ 博士論文書誌データベースより
  5. ^ a b c d 「About us」『個人の意思決定や選択が尊重される未来を作る「ワークシフト研究所」』ワークシフト研究所。
  6. ^ a b 「会社情報」『個人の意思決定や選択が尊重される未来を作る「ワークシフト研究所」』ワークシフト研究所。
  7. ^ a b c d 「経営情報学部教員が大学発ベンチャー企業を設立」『経営情報学部教員が大学発ベンチャー企業を設立:静岡県公立大学法人 静岡県立大学静岡県立大学2016年2月12日
  8. ^ 「専門分野」『教員情報詳細:静岡県立大学教員データベース静岡県立大学
  9. ^ a b 「主な研究テーマ」『教員情報詳細:静岡県立大学教員データベース静岡県立大学
  10. ^ 「所属学会」『教員情報詳細:静岡県立大学教員データベース静岡県立大学
  11. ^ 笹川かおり「ママが育休中に、授乳しながらMBAを学んでみた【女性の働きかた】」『ママが育休中に、授乳しながらMBAを学んでみた【女性の働きかた】ザ・ハフィントン・ポスト・ジャパン、2015年3月21日。
  12. ^ 朝生容子「育休ママがMBAを学ぶ上で注意すべきこと」『育休ママがMBAを学ぶ上で注意すべきこと(朝生容子 キャリア・コンサルタント・産業カウンセラー) | シェアーズカフェ・オンラインザ・ハフィントン・ポスト・ジャパン、2015年7月13日。
  13. ^ 宮木優美「育休中も飛躍へ勉強…目指すはリーダー」『育休中も飛躍へ勉強…目指すはリーダー : 経済 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)読売新聞、2015年7月21日。
  14. ^ 白河桃子「授乳しながら学べる「育休MBA」」『: プレジデントオンライン(PRESIDENT Online)PRESIDENT Online、2015年5月18日。

関連人物[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

ビジネス
先代:
(新設)
ワークシフト研究所最高執行責任者
初代:2015年 -
次代:
(現職)
先代:
(新設)
ワークシフト研究所所長
初代:2015年 -
次代:
(現職)