奥村昭博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
奥村 昭博
(おくむら あきひろ)
人物情報
生誕 1945年12月
日本の旗 岐阜県
居住 日本の旗 日本
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
国籍 日本の旗 日本
出身校 慶應義塾大学商学部卒業
ノースウェスタン大学経営大学院修了
慶應義塾大学大学院
商学研究科博士課程満期退学
学問
研究分野 経営学
研究機関 慶應義塾大学
静岡県立大学
テンプレートを表示

奥村 昭博(おくむら あきひろ、1945年12月 - )は日本経営学者経営戦略企業革新アントレプレナー)。学位経営学修士ノースウェスタン大学1975年)。静岡県立大学大学院経営情報イノベーション研究科研究科長(初代)・経営情報学研究科研究科長(第5代)・経営情報学部教授慶應義塾大学名誉教授

慶應義塾大学大学院経営管理研究科教授、ノースウェスタン大学ケロッグ経営大学院評議員、日本ベンチャー学会副会長などを歴任した。

概要[編集]

生い立ち[編集]

岐阜県出身。

慶應義塾大学商学部を卒業した後、アメリカ合衆国に渡航する。ノースウェスタン大学経営大学院にて経営学を学び、修士号を取得する。帰国後は應義塾大学大学院商学研究科博士課程を満期で退学する。

学究活動[編集]

慶應義塾大学に教員として採用されると、当初はビジネス・スクールにて助手を務める。その後、ビジネス・スクールが改組され大学院に経営管理研究科が設置されると、そこで助教授や教授を務めた。のちに、静岡県立大学に転じ、経営情報学部経営情報学科にて教授に就任し、大学院経営情報学研究科経営情報学専攻の教授も兼任した。

なお、慶應義塾大学を退任する際に、名誉教授の称号を授与された。2008年12月より静岡県立大学の大学院にて経営情報学研究科の研究科長に就任した。2011年4月、静岡県立大学の大学院にて、新設された経営情報イノベーション研究科の研究科長に就任した。なお、既存の経営情報学研究科は、在籍する院生が修了予定の2012年3月までは存続するため、双方の研究科長を兼任する。

本務以外の大学では講師などを経験しており、日本福祉大学ではマネジメントスクールの校長に就任している。また、静岡県立大学大学院に設置された地域経営研究センターでは、西村周三安田隆二らとともにガバナンス会議委員を務めていた。ノースウェスタン大学ケロッグ経営大学院では評議会のメンバーとしても活動した。

公的活動[編集]

学会等の公職としては日本ベンチャー学会の副会長や日本組織学会の理事を歴任した。

研究[編集]

経営学の中でも経営戦略や企業革新(イノベーション)を専門に研究している。また、ベンチャービジネスやアントレプレナーといった起業家活動にも研究の目を向けている。専門分野に関する著書も多く、加護野忠男野中郁次郎らとの共著も出版されている。さらに、アメリカのビジネススクールへの留学経験を生かし、日本国外の研究書の翻訳にも力を注いでいる。

略歴[編集]

  • 1945年 - 誕生。
  • 1969年 - 慶應義塾大学商学部卒業。
  • 1975年 - ノースウェスタン大学経営大学院より修士号取得。
  • 1976年 - 慶應義塾大学大学院商学研究科博士課程満期退学。
  • 1978年 - 慶應義塾大学大学院経営管理研究科助教授。
  • 1988年 - 慶應義塾大学大学院経営管理研究科教授。
  • 2008年 - 静岡県立大学経営情報学部教授。
  • 2008年 - 静岡県立大学大学院経営情報学研究科教授。
  • 2008年 - 慶應義塾大学名誉教授。
  • 2008年 - 静岡県立大学大学院経営情報学研究科研究科長。

著作[編集]

単著[編集]

共著[編集]

寄稿[編集]

  • 奥村昭博稿「戦略形成のプロセス」日本経済新聞社編『新しい企業理論の展開』日本経済新聞社、1987年ISBN 4532074835
  • 奥村昭博稿「日本企業のグローバル化戦略」今井賢一 (経営学者)研究代表者『イノベーションと企業者精神に関する研究』一橋大学、1988年。

共訳[編集]

監訳[編集]

監修[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

学職
先代:
(新設)
静岡県立大学大学院
経営情報イノベーション研究科研究科長

初代 : 2011年 -
次代:
(現職)
先代:
小山秀夫
静岡県立大学大学院
経営情報学研究科研究科長

第5代 : 2008年 - 2012年
次代:
(廃止)