フューチャーセンター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

フューチャーセンター(future center)とは、企業、政府、自治体などの組織が中長期的な課題の解決[1]オープンイノベーションソーシャルイノベーション による創造[2]を目指し、様々な関係者を幅広く集め、対話を通じて新たなアイデアや問題の解決手段を見つけ出し、相互協力の下で実践するために設けられる施設である。施設は一般に、研修スペースや学習スペース、ミーティングスペースなどで構成される。

フューチャーセンターそのものは施設を指し、中で行われるセッションはフューチャーセッション(future session)と呼ばれる。

概要 [編集]

フューチャーセンターは、欧州が発祥とされており、その設立が広がっている施設である。1996年にスウェーデンの保険会社、スカンディア社がストックホルム郊外のバクスホルムに開設したのをはじめとして、ヨーロッパの重電機メーカーABB、オランダ政府、デンマーク政府などが開設し、約20か所に存在する[3]

フューチャーセンターでは、所属組織や立場の異なる多様な人たち、例えば異なる省庁のスタッフや企業人、市民などが集まり、普段従事している組織内では決して構築されることのない関係性を形成し、横断的な対話を行って意思決定や理解の共有が行われる。その目的は、創造性を発揮し、複雑化して従来の枠組みでは解決の難しい現代の様々な課題を解決することにある。例えば、地球環境問題への対応や、企業や業界の枠組みを超えたイノベーション等の複雑な課題は、普段と同じ組織のメンバーと普段と同じ会議室に集まっても、過去になかった発想やアイデアを生み出し、解決に向けて実践することは困難である。そこでフューチャーセンターという多様なメンバーが集まる場をつくり、集合知を形成し、新たな知を創造しようとする取り組みが行われるようになったわけである。

扱われるテーマは、行政分野の政策立案、民間分野では事業戦略策定や製品開発など多岐に渡る。例を挙げるとオランダ政府の12省庁すべてに門戸が開かれているカントリーハウスと呼ばれるフューチャーセンターでは、省庁の枠組みを超えて、社会や地域の問題を解決するために必要な支援やリソースの配分について対話が行われている[4]。また、ABBのフューチャーセンターでは、社内外の異なる技術領域や職能の人材を集め出会いと交流の場を提供するとともに、そこから生まれたアイデアに基づいてプロジェクトを立ち上げビジネス化を支援する社内インキュベーターの役割を担っている[5]

以上のような目的や機能を果たすためフューチャーセンターの空間デザインは、人を日常的な感覚から解き放つために遊びの要素を取り入れたり、多様なテーマに対応できるよう天井や壁、床を移動し様々なレイアウトを柔軟に構成できるようにしたりといった工夫が見られる。 また、フューチャーセッションにおいてはファシリテーターとよばれる対話の誘導者が対話を促すシステムを設けていることも多い[6]。 フューチャーセッションを開く場所として、コワーキングスペースが活用されることがある。

なお、日本では、フューチャーセンターは、紺野登のKIRO株式会社の登録商標である[7]

フューチャーセッションのファシリテーターに近い概念として、交流型イノベータ内閣府経済社会総合研究所が提言している。

企業におけるフューチャーセンター[編集]

日本では2007年に富士ゼロックス、2009年に東京海上日動システムズがフューチャーセンターを開設した[3][8]。 さらには、富士通エフサス[9]コクヨ[10]などフューチャーセンターを設置する企業は増加している。

また、企業間フューチャーセンターなど多企業合同でフューチャーセッションを開催する取り組みも存在する[11]

教育機関におけるフューチャーセンター[編集]

高等学校では、奈良県立桜井高校がフューチャーセッションを開催している[12]。なお、静岡県立島田商業高等学校は、地域住民に開かれた形で運営からファシリテーションまですべてを実施している唯一の高等学校である[13]

大学においては、東京大学[14]岐阜大学[15]岡山大学[16]徳島大学[17]上智大学[18]京都産業大学[19]など、多くの教育機関においてフューチャーセッションが開催されており、増加している。

オープンイノベーションとしての効果[編集]

新規事業開発やマーケティングのプロセスにフューチャーセンターでの対話の取り組みを有効に組み込めば、社会起点のオープンイノベーションを達成でき、企業のイノベーションにつなげることができると考えられる[20]。 また、エレクトロニクス化学自動車メーカーなど、業種を超えたフューチャーセッションを行うことで新しい発想や気づきを得ることができるとされている。2012年11月16日に開催された『発想をみがく"ものづくり"ダイアローグ』のフューチャーセッションでは、各業種のメーカー技術者、企画担当者、研究開発部門のマネージャーが参加し、イノベーションにつなげられた[21]

ソーシャルイノベーションとしての効果[編集]

フューチャーセンターでは、自己変革の起点になる。そして社会善のテーマを掲げることで、未来のステークホルダーとのつながりが生まれる。最終的には組織全体への影響を与えるためことができるとされている[22]。 また、社会起業家をフューチャーセッションに交えることで、ソーシャルイノベーションにつなげることができるともされている[23]ソーシャルビジネスに代表されるように、社会問題や環境問題を事業によって解決することが イノベーション、ビジネスの重要なテーマとなっている。

フューチャーセンターウィーク[編集]

毎年、5月末~6月初旬にかけては、「フューチャーセンターウィーク(フューチャーセッションウィーク) 」と呼ばれ、フューチャーセッションを集中的に多数に開催することが毎年の慣例となっている[24]

2012年は『約2週間で計70セッション、のべ参加者数約3,000人』という実績を残し、日本社会にインパクトを与えた。

他のイベントとの差異 [編集]

類似のものとしては、IT勉強会ハッカソン異業種交流会などがある。

IT勉強会とハッカソン[編集]

IT勉強会とハッカソンは技術を中心とし、IT企業、さらにはアメリカのシリコンバレーから始まった文化なので[25]、欧州を起源とするフューチャーセンターとは異なるもののアウトプットを出し、課題を解決、創造するという点では共通事項がある。

異業種交流会[編集]

また、異業種交流会は、交流と人脈作り[26]を目的としアウトプットを求めないことからフューチャーセンターとは異なっている。

QCサークル活動(カイゼン活動)[編集]

製造業において、トヨタ生産方式のQCサークル活動やカイゼン活動と比較される場合もある。QC活動は課題解決型であり改善により不具合を減らす、仕事を効率的にする、コストを安くする。などを目標とする。一方フューチャーセッションは価値創造型であり、今までにない新しい製品を考えるなど新しい価値を生むことを目標とすることが多く、フューチャーセッションとカイゼン活動は場合によっては分けて考えなければならない。[27]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 対話によって課題を解決する場「フューチャーセンター」とは? mass×mass関内にお邪魔してお話を伺ってきた
  2. ^ 個人から組織へ! 東京から地方へ! 「場」が生み出す「つながるビジネス」が加速! ツクルバ(後編)【file002】
  3. ^ a b 紺野登 「未来をつくるワークプレイス、欧州発祥の『フューチャーセンター』」 nikkei BPnet 2008年3月27日
  4. ^ 富士ゼロックスKDI「K-Direct 2010 社会を変えるイノベーション ― Vol.3 公共のイノベーション ―」
  5. ^ 「PROJECT DATA ABB FUTURE CENTER」ECIFFO w3 vol.38
  6. ^ ファシリテーターは「事務局力」を磨け!
  7. ^ KIRO株式会社 KIROの知識資産について
  8. ^ 横塚裕志 「『フューチャーセンター』で創造しよう」日本経済新聞 2010年12月8日
  9. ^ 富士通エフサス、「みなとみらい Innovation & Future Center」開設
  10. ^ 「2011 KOKUYO FAIR(コクヨフェア)」を開催
  11. ^ 【コラム】企業・地域の進化を進めるフューチャーセンターのあり方とは
  12. ^ 「人間力」を育てる - 桜井高校で実践研究事業始動(奈良新聞)
  13. ^ 島田フューチャーセンター
  14. ^ UDCK、東大フューチャーセンターへ移設
  15. ^ 岐阜大学と高山が手を取り合う場
  16. ^ 第21回Future Session「インフラストラクチャーの超耐久化を可能とする産業副産物を用いた構造部材の研究開発」を開催 岡山大学2016年2月16日
  17. ^ フューチャーセンター事業をキックオフ!
  18. ^ 上智大学フューチャーセンター主催:「職欲(ジョブヨク)の未来@上智大学」のプレイベントのご案内3/26
  19. ^ むすびわざDNAプロジェクト始動宣言
  20. ^ 専門家の英知は、もはや最先端ではない(日経BP)
  21. ^ 日経エレクトロニクス 特集「日常をぶち破れ!」2012年12月10日号
  22. ^ 未来のステークホルダーと出会う場所
  23. ^ 新しい未来をつくる、新しい対話の場「フューチャーセンター」って知ってる? [マイプロSHOWCASE]
  24. ^ 乗り遅れてない?『フューチャーセッション・ウィーク2013』は満を持して5月31日〜6月8日開催!
  25. ^ The Hackathon Is On: Pitching and Programming the Next Killer App
  26. ^ 社外の人脈作り 「異業種交流会」より「資格学校」がよい理由
  27. ^ 日本ナレッジ・マネジメント学会(KM 学会)の年次大会

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 紺野登『儲かるオフィス』日経BP社、2008年、208-214頁

外部リンク[編集]