四式自動小銃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
四式自動小銃
Type 4 rifle.png
四式自動小銃
種類 半自動小銃
製造国 日本の旗 日本
設計・製造 横須賀海軍工廠、ワシノ製機
仕様
口径 7.7mm
使用弾薬 九九式普通実包
装弾数 10発(固定式弾倉
有効射程 最大照尺 1,200m
歴史
関連戦争・紛争 太平洋戦争
テンプレートを表示

四式自動小銃(よんしきじどうしょうじゅう)は、1944年昭和19年, 皇紀2604年)に大日本帝国海軍が開発した半自動小銃である。しばしばType 5(五式)などとも呼ばれる。

概要[編集]

四式自動小銃は、アメリカ合衆国製のM1ガーランド日本海軍がコピーしたものであるが主に以下のような差異がある。

  • M1ガーランドは.30-06スプリングフィールド弾を用いるが、四式は7.7mm弾を用いる。
  • M1ガーランドは特徴的なエンブロック・クリップを用いる8連発固定弾倉を備えていたが、四式の固定弾倉には5連発ストリッパー・クリップ2つを用いて10発装填できる。
  • M1ガーランドのリアサイトはダイヤルを回して上下左右の調整を行う方式だが、四式は従来の日本製軍用小銃と同じく、標尺を前後にスライドさせて上下(射距離)を調整するタンジェント・サイトであった。ただし、四式でもリアサイトでの左右調整が可能。

元々は落下傘部隊に配備することが想定されていたが、設計時期が太平洋戦争末期だったこともあり、試作後に本格的な生産が行われることはなかった。最終的には250丁分の生産が行われたものの、そのうち実際に組み立てられたのは125丁程度だったと言われている[1]

歴史[編集]

日本軍における半自動小銃の開発は第二次世界大戦前から始まっていた。1931年、南部麒次郎が創業した南部銃製造所が軽機関銃と半自動小銃の設計および試験に関する契約を軍部と結んだ。この際に南部は複数の設計案を提出したものの、十分な性能を備えたものはなかった。同時期、2種類の6.5mm口径のガス圧作動方式半自動小銃が試作されている。陸軍東京砲兵工廠や日本特殊鋼が手がけたモデルは、アメリカ製ピダーセン自動小銃を模倣したものだった[2]。一方、東京瓦斯電気工業が手がけたモデルは、チェコ製ZH-29半自動小銃を模倣したものだった[3]。しかし、このうち前者はオリジナルのアメリカ製ピダーセンと同様の装弾機構の不良に悩まされ、後者は命中精度に問題があるとされた。また、従来のボルトアクション式小銃に比べて高価だったこと、日本の工業力では部品や弾薬の十分な供給が難しいこと、銃弾が無駄になると考える将校が多かったことなどから、軍部の半自動小銃に対する関心は薄れつつあったが、1936年の日中戦争勃発がこれを決定づけた。主力歩兵銃だった三八式歩兵銃の生産が最優先されたため、半自動小銃に関する計画は1941年頃まで凍結されることとなる[4]

1943年頃、日本海軍では落下傘部隊の火力強化を検討するにあたり、アメリカ製のM1ガーランドを再設計して配備することを計画した。以後、1945年4月まで各種改良および試作が続けられた[1]

戦後、日本に進駐したアメリカ陸軍部隊が、安城市にあったワシノ製機の工場にて100丁ほどの四式自動小銃を回収した。また、横須賀海軍工廠からも連合国占領下の日本より帰国した米軍退役軍人達により一部が回収されている[1]が、これらを用いて行われた性能試験では良好な成績を残したとされる。[要出典]

評価[編集]

前項までの記述は、概ねが今日現存する本銃の大半を所蔵しているとみられる、米国側の研究者達の記述を元にしたものである。

本銃の現存品は、その殆どが戦利品として米国兵の手によりアメリカ本国へ持ち出されたものと考えられており、博物館では全米ライフル協会が運営するNRA国立銃器博物館英語版や、ワイオミング州コーディに所在するコーディ銃器博物館英語版などに所蔵されている他、個人所蔵のものが時折銃器オークションに出品される事があり、その多くは20,000米ドル以上という非常に高額な価格で取引されているという[5]

しかし、日本側の関係者及び研究者の間では本銃の評価は二分されている。

戦後、豊和工業にて64式7.62mm小銃の開発に携わった津野瀬光男は、著書の中で本銃を「四式小銃」と記述しており、自身と共に64式小銃の開発に携わった技術者の少なからぬ数が、本銃を始めとする日本の試製自動小銃に携わった経験を有していた事や[6]、64式小銃の制式採用後に名古屋造兵廠の元陸軍技官より本銃の技術資料の多くを譲り受け、これが64式小銃の量産設備構築に大いに役立てられた事などを書き残しており[7]M1ガーランドM1カービンなど米軍供与の警察予備隊及び保安隊制式小銃英語版の維持整備や、戦中の九九式短小銃に携わった豊和工業の実績と合わせ[8]、本銃の存在が64式小銃開発の礎の一つになったものとして肯定的な評価を下している。

米国側の記述には言及されていないが、試製自動小銃・甲及び乙と同時期に日本特殊鋼により試作されたガス圧・反動併用式の試製自動小銃・丙[9][10]も、設計主任の河村正彌が戦後の62式7.62mm機関銃の開発指揮を直接執っており、本銃共々戦後の自衛隊の制式火器の開発の中でも大きな足跡を残した。

一方、webサイト『日本の武器兵器』を主宰し、米国内の日本製銃器のコレクターや米国人研究者と協力しての実射テストや、伊藤眞吉など64式小銃にも関わった元陸軍技術本部の技術者との交流などを通じて、戦前の様々な旧日本軍の銃火器類の再評価を行っている須川薫雄は、本銃を「ガーランド方式銃」と記述している。須川は、制式採用後はライセンス生産とする事を前提に、レミントン・アームズジョン・ピダーセン英語版や、チェコズブロヨフカ英語版社より許諾を得て試製が行われた試製自動小銃・甲及び乙と異なり、本銃は全くのデッドコピーである事を問題点として指摘しており、米国に現存する本銃の現存品はどれも環状照門の穴が小さすぎてまともに狙いが付けられないなど、作りが粗末で形式刻印も存在せず、スミソニアン博物館ガンルーム英語版で所蔵されているもの[11][注釈 1]は、同博物館の調査により使用弾薬が7.7mm×56Rである事が判明しているとも記述している。須川は帝國海軍内で本銃の開発が本格的に進んだのが1944年の末であった事から、本銃は戦前の帝國陸軍主導の試製自動小銃・甲/乙/丙のような「日本の小火器の近代化」という前向きな開発思想ではなく、単純に連合艦隊や海軍航空隊の壊滅により艦艇や航空機の備付け銃であった留式機銃用の7.7mm×56R弾が使用の目途も無く大量に余っていた事、そしてこれらに搭乗するはずであった水兵や航空兵も陸戦装備が無いまま手持無沙汰になっていた事などから、「本土決戦に備えて余剰弾薬や余剰人員を戦力化する目的だけで作られたもの」と結論付けており、帝國海軍主導の本銃は開発動機の面からも日本の小火器の技術史英語版の面からも恥ずべきものであると手厳しく評している[注釈 2]。須川はまた、64式小銃開発の際に豊和工業が提出した本銃の資料も、64式制式採用に向けた実績作りの為に偽作された偽書の可能性が高いとも主張している[12]

登場作品[編集]

漫画[編集]

秋本治『最後の狙撃兵』

ゲーム[編集]

バトルフィールドシリーズ
BF1942
日本軍工兵装備として「五式」の名前で登場する。装填方式がマガジン式になっている。
BF1943
日本海軍小銃兵装備として「Type 5 Semi-Automatic Rifle」の名前で登場する。
BFBC2
「五式自動小銃」の名称でシングルプレイにのみ登場する。日本海軍が使用するが、主人公も鹵獲して使用可能。

関連項目[編集]

脚注・注釈[編集]

脚注

  1. ^ a b c RIFLE, MILITARY - JAPANESE RIFLE TYPE 5 (COPY OF U.S. M1) 7.7MM SN# 53”. Springfield Armory Museum. 2016年7月31日閲覧。
  2. ^ RIA: Japanese Army Pedersen Copy Trials Rifle - ForgottenWeapons.com
  3. ^ RIA: Japanese ZH-29 Copy by Tokyo Gas & Electric - ForgottenWeapons.com
  4. ^ Japanese Garand WWII Semi-Automatic Rifle”. NRA Museums. 2016年7月31日閲覧。
  5. ^ Japanese Type 4 Garand copy - ForgottenWeapons.com
  6. ^ 津野瀬光男『幻の自動小銃 六四式小銃のすべて』光人社ISBN 4-7698-2490-4、4頁。
  7. ^ 津野瀬光男『幻の自動小銃 六四式小銃のすべて』光人社、ISBN 4-7698-2490-4、162頁。
  8. ^ Our History (Howa Machinery Firearms Dept.) - 豊和工業
  9. ^ RIA: Japanese Trials Gas-Operated Pedersen Rifle - ForgottenWeapons.com
  10. ^ EXTREMELY RARE PRE-WWII EXPERIMENTAL SEMI-AUTO MILITARY RIFLE -
  11. ^ Mystery Japanese Semiauto - ForgottenWeapons.com
  12. ^ 日本の半自動銃 - 日本の武器兵器.jp
  13. ^ arisakatype99page - Carbines for Collectors.com
  14. ^ フランシス・C・アーラン、ドス・H・ホワイト、スタンレー・ジーリンスキー 『The Early Arisakas』 2006年、AK Enterprises、0-9614814-5-5、95頁。
  15. ^ コーワンズ・オークションズ「Rare Japanese Type 35 Experimental Rifle」 - bidsquare.com

注釈

  1. ^ 日本の試製品と思われる詳細不明の自動小銃の横に本銃が並べられており、スミソニアンでは本銃を「五式自動小銃」として所蔵しているとされる。
  2. ^ 須川は十一年式軽機関銃二十二年式村田連発銃九四式拳銃九六式軽機関銃など、戦後の日本社会で「失敗作」との誤解の多い銃器についても何らかの形で肯定的な評価を行っており、本銃程批判のみを強く行っているのは異例である。

外部リンク[編集]