試製四式車載重機関銃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

試製四式車載重機関銃(しせいよんしきしゃさいじゅうきかんじゅう)は、第二次世界大戦中に大日本帝国陸軍が試作した車載機関銃重機関銃)。

概要[編集]

本銃は従来の九七式車載重機関銃に代わる、さらに故障が少なく、命中精度に優れるものとして開発が始められた。

原型となったのは航空機用であるドイツラインメタルMG15MG17で、前者は既に陸軍で九八式旋回機関銃として国産化(ライセンス生産)されており、後に海軍でも一式旋回機銃として国産化(ライセンス生産)された。

1940年(昭和15年)9月、立川陸軍航空技術研究所(技研)からMG15とMG17が貸し出され、射撃試験が行われた。また1941年(昭和16年)1月には7.7mm銃身に換装した車載型の試験が行われ、3月には薬莢と薬室の設計を改良、4月には「試製重機関銃Ⅰ型」の名で全体の設計が開始された。

その後1942年(昭和17年)3月までに実用試験を完了させる計画であったが果たせず、1944年(昭和19年)6月に「試製四式車載重機関銃」の名で伊良湖射撃場での試験が記録されているが、終戦までに実用化されることはなかったという。

参考文献[編集]

  • 佐山二郎『小銃拳銃機関銃入門 - 日本の小火器徹底研究』光人社NF文庫、2000年。 ISBN 4-7698-2284-7

関連項目[編集]