九八式水冷式重機関銃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
九八式水冷式重機関銃
概要
種類 重機関銃
製造国 日本の旗 日本
設計・製造 小倉陸軍造兵廠
性能
口径 7.7mm
銃身長 72.1cm
使用弾薬 九二式普通実包
装弾数 30発(弾帯式)
作動方式 反動利用式
全長 109cm
重量 55.5 kg(三脚含む)
発射速度 500発/分
有効射程 300m
テンプレートを表示

九八式水冷式重機関銃(しせい-しきすいれいしきじゅうきかんじゅう)は、大日本帝国陸軍が少数運用した重機関銃である。

開発[編集]

満州事変以降、陸軍は三年式機関銃九二式重機関銃といった、空冷式のガス圧作動方式重機関銃を運用していた。一方、国民革命軍24式重機関銃ヴィッカース重機関銃ブローニングM1917重機関銃をコピーした三十節式重機槍といった水冷式重機関銃を運用しており、これらを鹵獲した陸軍でも、その持続射撃性が大きく評価されていた。折りしも、満州の固定陣地や要塞に設置する隠顕式銃塔(イテ塔)に装備するために、長時間の射撃に耐え得る重機関銃が求められていた。そこで、ヴィッカーズ重機関銃を元に設計された航空機関銃である八九式固定機関銃を改造した、水冷式の重機関銃が試作されることになった。

元設計が多くの国々で用いられていたヴィッカース重機関銃ということもあり、1938年(昭和13年)12月に試作型が完成。「試製九八式水冷式重機関銃」の制式名が与えられた。

設計[編集]

最大の特徴は、水冷式の銃身を有していることである。これにより、従来の重機関銃より高速かつ長時間の射撃に耐えうるようになっていた。冷却用のウォータージャケットが銃身を包み込んでおり、そこに冷却水ホースが繋がっている。冷却水タンクから銃身冷却用の水を供給するようになっていた。ただし、水冷式機関銃共通の欠点として銃本体が重くなってしまったが、固定陣地向けのため問題無しと判断された。

そのほかの装備は、できるだけ九二式重機関銃と共通の装備を用いるように設計されており、弾薬は九二式重機関銃と同じ九二式普通実包を使用し、銃身や三脚も九二式重機関銃と同型のものを使用した。

運用[編集]

完成した本銃であったが、2年後の1940年(昭和15年)11月に肝心のイテ塔が不採用に終わったため、小倉陸軍造兵廠で1,506挺のみ製造された。ほぼ全てが、ソ連国境地帯の国境守備隊や固定陣地に配備された。

同年には、モ式小銃と共に少数がシャムに輸出された。

参考文献[編集]

関連項目[編集]