ZH-29半自動小銃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ZH-29
ZH-29.jpg
ZH-29
ZH-29
種類 半自動小銃
製造国 チェコスロバキアの旗 チェコスロバキア
設計・製造 チェスカー・ズブロヨフカ
年代 1920年代
仕様
口径 7.92mm
銃身長 545mm
使用弾薬 7.92×57mm
装弾数 5発/10発/25発(箱型弾倉)
作動方式 ガス利用方式
全長 1150mm
重量 4500g
銃口初速 808m/秒
歴史
設計年 1929年
テンプレートを表示

ZH-29半自動小銃1920年代後半にチェコスロバキアで開発された自動小銃である。

ZH-29半自動小銃の登場[編集]

当時チェコスロバキアの兵器工場が集中していたブルノ市にあった兵器メーカー、チェスカー・ズブロヨフカ社は当時では新技術であった半自動小銃の研究が進められていた。銃の設計はチェコの銃技師であったエマニエル・ホレックにより行われ1929年にZH-29半自動小銃は完成、特徴は先に開発されていたZB26軽機関銃の弾倉(マガジン)を共用することが可能でストック部は木製を採用。機関部は他国の半自動小銃と同じくガス圧式を採用し、他国のオートマーチックライフルと比べると全体的にも細く軽い仕上がりであった。

作成された本銃はその後チェコスロバキア軍により試験がおこなわれた。しかし当時としては軍のライフルはボルトアクションライフルが主流であり、機関部の信頼性や命中率、さらに価格の面で軍の上層部を納得させることができず、結局本銃の採用を見送られてしまう。このとき本銃の開発には軍の制式要請があったわけではなく開発費用に関しては、全てズブロヨフカ社が負担することとなった。そのため急遽ズブロヨフカ社ではすでに生産されているZH-29の赤字対策に外国への輸出を決定し各国にセールスマンを派遣、在庫の消費を行おうとした(似たような境遇でスイスSIG社のモンドラゴンM1908が上げられる)。

その後[編集]

その後、各国にセールスをおこなったZH-29であるが各国の軍部もチェコスロバキアの軍隊同様、価格の高い新型銃より既存のボルトアクションライフルで十分であるとの考えから販売は伸び悩みが続いた。だが当時軍の近代化目的から外国の武器兵器を買い集めていた中華民国でようやく受注契約が成立した。

その後中華民国に輸出されたZH-29は日中戦争、後の国共内戦でも優秀な性能を見せた。日本でも中華民国軍から鹵獲したZH-29を分解研究し、三八式実包(6.5mm弾)を使用できるように設計し直した試作銃「試製自動小銃乙型」を東京瓦斯電気工業が開発。そのうち長銃身型・短銃身型の試製自動小銃乙型を陸軍に提出しているが、1935年(昭和10年)に行われた実射試験の結果、命中率の悪さを理由に採用を見送られている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]