吉田正 (実業家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

吉田 正(よしだ ただし、1896年10月20日 - 1969年8月19日)は、日本の政治家実業家

経歴[編集]

長野県北安曇郡池田町村(現池田町)生まれ。旧制大町中学(現長野県大町高等学校)を経て、上海東亜同文書院商務科卒業。一旦は岩井産業(現日商岩井)に入社するが、すぐに帰郷し、1925年旧制池田実科中学(現長野県池田工業高等学校)教諭となる。

その後、農業界に転身し、全国農業会の常務理事として活躍する。同時に「協同党」を結成し、農民の代表として長野県第4区から第21回衆議院議員総選挙に当選する。

戦後、大政翼賛会の推薦議員のため公職追放となった[1] 。追放解除後の第25回衆議院議員総選挙では日本社会党右派から立候補して当選。次の第26回衆議院議員総選挙で落選。その後は農山村問題の現実に取り組み、有畜農業の重要性に着眼し、名古屋製糖社長の横井広太郎の協力を得て1953年協同乳業を創業した。次男の吉田亮は医学者で元千葉大学学長。

脚注[編集]

  1. ^ 総理庁官房監査課編 『公職追放に関する覚書該当者名簿』 日比谷政経会、1949年709頁。NDLJP:1276156 

参考文献[編集]