吉川勇一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

吉川 勇一(よしかわ ゆういち、1931年3月14日 - 2015年5月28日)は、市民運動家、翻訳家。元英語教師予備校講師・専門学校講師)、元大学非常勤講師

経歴[編集]

東京大学在学中に日本共産党に入党し、武装闘争を志向する、党内では多数派だが東大では少数派の所感派の活動家として頭角を現し、旧国際派は役職に就かせないという共産党中央の指示で東京大学学生自治会議長に就任した[1]山村工作隊[2]東大ポポロ事件砂川闘争などに参加し、講和安保両条約発効に抗議する全学ストライキを指導して退学処分を受けた後は、共産党員として専従活動家の道を歩み、全学連書記局員、日本戦没学生記念会(わだつみ会)事務局員(組織部長)、日本平和委員会事務局員、同常任理事などを歴任して実務能力を身につけ、所感派の山村工作隊出身ながら「六全協」後も党に留まり、1958年4月には、後藤新平の義理の姪婿で鶴見和子俊輔姉弟と姻戚に当たる平野義太郎仲人で結婚していたが、1965年、前年の原水爆禁止世界大会で共産党の方針に反対意見を表明したことで党から除名処分を受ける。

同年小田実代表のベ平連の2代目事務局長になり、1974年のベ平連解散まで勤める。1967年10月、空母イントレピッド号から米兵4名が脱走した「イントレビット号事件」を契機に、ベ平連の中に米兵脱走を支援する「JATEC」が組織された際にもかかわったとされる。JATEC(Japan Technical Committee to Aid Anti War GIs―反戦脱走米兵援助日本技術委員会)はその後2年間に16名の脱走米兵をスウェーデンなどに脱走させることに成功した。米軍と日本の公安当局の捜査にもかかわらず、中立国移送までの経路や経緯は秘密に包まれていたが、1990年代にソ連の機密文書が公開され、JATECの脱走兵の移送にKGBが協力していたことが明らかになった[3]。吉川本人も、後に共同通信記者の春名幹男の取材に対して、「(ソ連大使館の)参事官や一等書記官と会ったが、恐らく、全員がKGB要員だった」、「脱走兵の日本脱出に事実上の援助を与えてくれるところなら、KGBだろうがスパイだろうが手を借りたいという気持ちだった」とソ連政府の協力を得て脱走米兵をシベリア経由で送り出していたことを明らかにしている[4]

ベ平連の解散後、小田実、色川大吉らを中心とした「日本はこれでいいのか市民連合」(日市連)(1980年-1994年)に参加するが、1987年に小田の東京都知事選挙への出馬の是非を巡って日市連内で対立が起こり会を離れる。1988年マルチイシューの市民運動を目指す「市民の意見30の会」を結成。近年は市民意見広告運動にも力を注ぐ。

長く代々木ゼミナールの英語講師を勤めた。

2015年5月28日、慢性心不全のため死去[5]。84歳没。

年表[編集]

人物[編集]

頑なまでに主張を一貫させ、日本共産党の方針に反対した言論を展開したかどで、同党から除名処分を受けたりした。近年においても真剣な言論活動を行い、「喧嘩ジジイ」とまで言われ、周囲に波紋を広げることがある。

反面、機知に富んだ感覚も持ち合わせ、そのため教条的な左翼運動だけでなく「ええかげん」なベ平連運動の主体にもなった。既存の左翼運動での知識、経験とベ平連の思想の豊かさが市民運動家としての背景になっている。ちなみにベ平連に参加するきっかけは、ベ平連主催の企画でベトナムの地図を描くことができる人が必要だったから吉川が紹介されたことである。

近年は運動経験の共有、継承にも力を入れており、吉川のサイトでは最近の著作を読むことができる。

なお一時、新左翼政党である共産主義労働者党に参加していた。

著書[編集]

日本赤軍派で旅券法違反で逮捕歴のある北川明が代表を務める第三書館から、いくつか著書を出版している。

英語参考書[編集]

評論集[編集]

闘病記[編集]

編著[編集]

翻訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 佐木隆三「急進・ べ平連の“軍師”、吉川勇一」
  2. ^ 吉川勇一略歴年表
  3. ^ Koenker, Diane P., and Ronald D. Bachman (ed.), Revelations from the Russian archives : Documents in English Translation, Washington, D.C. : Library of Congress, 1997.
  4. ^ 春名幹男『秘密のファイル(下) CIAの対日工作』, [1]
  5. ^ 元「ベ平連」事務局長の吉川勇一氏が死去 読売新聞 2015年5月28日

外部リンク[編集]