古庄淳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ふるしょう じゅん
古庄 淳
生誕 (1960-11-19) 1960年11月19日(58歳)
日本の旗 日本 大分県豊後大野市(旧緒方町
出身校 明治学院大学社会学部
職業 脚本家演出家構成作家

古庄 淳(ふるしょう じゅん)は、日本脚本家演出家構成作家

人物[編集]

大分県豊後大野市(旧緒方町)出身。

明治学院大学社会学部を卒業後、映画製作会社に入社。演出部に所属し、劇場用映画やドキュメンタリー映画の助監督を務める。

27歳で独立後、大井利夫山城新伍杉田成道Lan Nei Tsai雨宮慶太吉田健黒沢直輔、他の助監督を務める。

30歳で脚本家デビュー。32歳で監督デビュー。ドラマの脚本・監督以外にも、CMディレクター、ドキュメンタリー監督、国内外の紀行番組・情報番組の演出。他にも報道番組の特集枠の演出。さらに構成作家として多くの作品に携わっている。

海外での撮影経験が豊富で、その撮影回数は、50回を超えている。

作品[編集]

主な脚本/演出/構成作品

映画・テレビドラマ・Vシネマ・アニメ[編集]

CM/インフォマーシャル/プロモーション[編集]

テレビ紀行・ドキュメンタリー[編集]

  • 紀行番組、ドキュメンタリー番組への関わりは数多く、そのほとんどが人間、民族、親子、秘境をテーマにした番組である。
その他にも鉄道、温泉、食をテーマにした紀行番組に携わっている。

テレビ報道[編集]

テレビ情報[編集]

行政[編集]

出版[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]