南部利祥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
南部 利祥
生誕 1882年1月25日
死没 (1905-03-04) 1905年3月4日(23歳没)
所属組織 日本陸軍
軍歴 1903 - 1905
最終階級 陸軍騎兵中尉
テンプレートを表示

南部 利祥(なんぶ としなが、1882年明治15年)1月25日 - 1905年(明治38年)3月4日)は、日本陸軍軍人

第15代盛岡藩南部利恭の長男で南部家第42代当主にあたる。階級陸軍騎兵中尉位階勲等功級正四位功五級金鵄勲章受章。爵位伯爵

経歴[編集]

1890年(明治23年)、学習院初等科三年生のとき、皇太子大正天皇)の学友に選抜される。

教育係の東條英教東條英機の父)の勧めにより陸軍に仕官し、1902年(明治35年)11月、陸軍士官学校(14期)を卒業、1903年(明治36年)6月に陸軍騎兵少尉に任じられる。同年10月9日、父・利恭の死去により南部家第42代当主となる。1904年(明治37年)、日露戦争が勃発し利祥は満州の最前線で活動した。翌1905年(明治38年)2月に中尉に進級し、近衛騎兵第一中隊第三小隊の小隊長を命じられ、最前線で指揮を執ったが、3月4日井口嶺の戦いで銃弾を浴び戦死。享年23。

利祥の栄誉を後世に残すため旧盛岡藩士らによって、1908年(明治41年)、岩手公園に利祥の銅像が建立された。しかし、太平洋戦争中の1944年昭和19年)に金属供出によって撤去されたため、現在は台座が残るのみである。

関連項目[編集]

日本の爵位
先代:
南部利恭
伯爵
盛岡南部家第2代
1903年 - 1905年
次代:
南部利淳