南部利用 (吉次郎)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
南部 利用
時代 江戸時代後期
生誕 文化4年12月19日1808年1月16日
死没 文政4年8月21日1821年9月17日
別名 幼名:駒五郎→吉次郎
諡号 常孝院
幕府 江戸幕府
主君 徳川家斉
陸奥盛岡藩
氏族 南部氏
父母 父:南部信丞、母:南部信居の娘
養父:南部利敬
特記
事項
御目見前に夭折したので新屋敷南部家当主南部信浄の三男・善太郎が身代わりに立てられたが、公式上は同一人物扱いである。

南部 利用(なんぶ としもち)は、陸奥盛岡藩の第11代藩主。ただし、公式には同一人物とされたが、この名を名乗った人物は2人いた。本記事ではその1人目の人物について記述する。幼名は駒五郎、のち吉次郎で、いわば本物の南部利用である。

生涯[編集]

文化4年(1807年)12月19日、中屋敷南部家当主・南部信丞の長男として生まれる。信丞は第7代藩主・南部利視の孫で、第10代藩主・南部利敬の従兄弟にあたる。母は南部信居(利視の次男)の娘で、信丞・利敬の従姉妹にあたる。

文化年中に南部利敬の養子となり、加賀藩藩主・前田斉広の娘と婚約した。文政3年(1820年)に養父の利敬が死去したため、その家督を継いだ。年少のため、又従兄である支藩七戸藩藩主・南部信鄰が補佐として盛岡に下向して藩政に参画する。

しかし文政4年(1821年)5月、庭の樹木で遊んでいる最中に転落し、そのときの怪我が原因で8月21日に死去した。享年15。

利用が将軍徳川家斉御目見せずに死去してしまったため、盛岡藩の改易減封を恐れた家臣団は、利用の従兄で比較的年齢も近く、風貌もよく似ていた新屋敷南部家当主・南部信浄の三男・善太郎を利用であるとして身代わりに立てた。

なお、文政4年(1821年)4月、盛岡藩の浪人である相馬大作による相馬大作事件が発生している。

参考文献[編集]

関連項目[編集]