南部重信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
南部 重信
Nanbu Shigenobu01.jpg
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 元和2年5月15日1616年6月28日
死没 元禄15年6月18日1702年7月12日
改名 彦六郎(幼名)、花輪彦佐衛門、重信
別名 乙松・鍋松丸・七戸隼人正(別名)
諡号 西卒
官位 従五位下、従四位下、大膳大夫
幕府 江戸幕府
主君 徳川家綱綱吉
陸奥盛岡藩
氏族 南部氏
父母 父:利直、母:花輪政朝の娘・慈徳院
兄弟 家直政直重直南部利康重信山田利長
直房
正室玉山秀久の娘・大智院
側室上田兵部の娘・長慶院、服部氏(光樹院)、村木采女の娘、蘭女(赤沢氏・養春院)、きん(新渡氏・松貞院)、小督(那波氏・峯光院)、穂高彦右衛門の娘、栃内金右衛門の妹・浄生院
七戸秀信(長男)、七戸定信(次男)、行信
南部辰之助(四男)、七戸英信)(五男)、政信(七男・旗本麹町南部家初代)、勝信萬之助(八男)、千之助(九男)、通信七戸愛信(十一男)、坪内定信(十二男・坪内惣兵衛養子)、七戸舜信(十三男・兄英信養子)、式姫(長女・池田綱清正室)、七姫(次女・本多忠英正室のち有馬豊祐正室)、慶姫(家臣八戸勘解由利戡室)、恵岐姫(家臣桜庭兵三郎直良室)

南部 重信(なんぶ しげのぶ)は、江戸時代前期から中期にかけての大名で、陸奥盛岡藩の第3代藩主南部氏の第29代当主南部利直閉伊氏の一族、花輪政朝の娘・松。幼名は彦六郎。別名は、乙松、鍋松丸など。地元の人々からは親しみを持って「花輪殿様」と呼ばれている。

生涯[編集]

元和2年(1616年)5月15日、初代盛岡藩主・南部利直五男として閉伊郡花輪村で生まれる。利直が盛岡の外港として宮古の町を開くために滞在した際、その身辺の世話を務めたのが地頭である閉伊花輪氏の娘・松であった。

幼少期を閉伊氏菩提寺である華厳院で過ごし、百姓の子とも分け隔てなく遊んだとされる。慶安元年(1648年)に七戸家を継ぎ、七戸城主の座に留まっていた。しかし、寛文4年(1664年)12月6日、兄・重直が子を残さず死去すると、盛岡藩8万石を(八戸2万石を弟の直房が継いだため)分割相続する。同年12月15日、将軍徳川家綱にお目見えする。同年12月28日、従五位下大膳大夫に叙任する。

天和3年(1683年)5月7日、従四位下に昇進する。また、10万石に高直しされる。従四位下への昇進については、天和2年5月8日の将軍徳川家綱の三回忌に際し、従五位下のために雨のなかで傘もさせず、「飛かねて上野の池の五月雨にみの毛もうすき五位の濡鷺」と歌を詠み、これを将軍徳川綱吉が聞いたためというエピソードがある(『南部史要』)。

元禄5年(1692年)6月27日、家督を長男行信に譲って隠居する。元禄15年(1702年)に江戸死去した。享年87。

政策・人物[編集]

幼少期の経験からよく世情に通じ、家臣や領民にも質素倹約を説くなど仁政を施した。また歌を好み、藩政の傍ら飛鳥井雅章岡本宗好について和歌を学んだ。八戸藩分知という仕事を終えた重信は領内の総検地に取り掛かり、それにより増加した蔵入米を藩士の俸禄米のベースアップに充てて士気の向上を図った。その後の新田開発により盛岡藩は元の10万石に復帰し、また枯渇しかかっていた金山に代わる銅山開発を進め、火災被害に遭ったまま放置されていた盛岡城の修復、水害に悩まされた北上川の防災事業といった改革を行い善政を敷いたため、重信治世下の盛岡藩は比較的安定していたとされる。

俗説[編集]

地元では「徳川五代将軍は花輪殿様の発言で決まった」というエピソードが残されている。

延宝8年(1680年)、徳川幕府第5代将軍を決めるため、江戸城大広間には諸大名が集まった。亡くなった第4代将軍・家綱には子供がおらず、家綱の甥の甲府藩主・綱豊(のちの第6代将軍である家宣)と弟の前橋藩主・綱吉の2人が候補であった。うかつに発言すると後に新将軍に睨まれかねないため、大名らはだんまりを決め込んだ。そんな中、重苦しい空気を切り裂いて口火を切り、綱吉を推したのが花輪殿様こと南部重信であった。これに同調する声が多数を占め、新しい将軍が決まった。また、従四位という御三家並みの厚遇はこの時の論功行賞ともされる。

実際は、綱吉の将軍家継承を決定したのは幕閣であり、将軍家の継承問題に際し、一介の外様大名である南部氏は全く口を挟める立場ではない。先代よりも上位への官位の上昇に関して、「従四位は10万石前後の国主格の外様大名としては極普通の官位である」という史実がある(「御三家並み」ならば従三位以上)。つまりこれは、10万石から(八戸藩2万石立藩により)8万石へと転落した南部藩の“10万石”格への執着(のちに南部藩は無理矢理「表高10万石(実高8万石以下)」を名乗り、家格維持の費用に苦労することになる)の為である。

参考文献[編集]

一ノ倉則文編 『用語 南部盛岡藩辞典』 東洋書院 1984年
大正十三造著 『南部盛岡藩史略』 杜陵印刷 1983年