南部利正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
南部利正
Nanbu Toshimasa01.jpg
時代 江戸時代中期
生誕 寛延4年4月9日1751年5月4日
死没 天明4年5月5日1784年6月22日
改名 幸吉(幼名)、信由、利正
官位 従五位下修理大夫大膳大夫
幕府 江戸幕府旗本
主君 徳川家治
陸奥盛岡藩
氏族 南部氏
父母 南部利視、瀬山氏
南部信起南部利雄
兄弟 信伝信居三戸信駕信周三戸信明利正、アイら
南部信起娘・観光院
田中氏娘・於懇の方
松平輝延継室、親姫、利敬、富姫ら
テンプレートを表示

南部 利正(なんぶ としまさ)は、江戸時代中期の大名陸奥国盛岡藩9代藩主。官位従五位下修理大夫大膳大夫

経歴[編集]

7代藩主・南部利視の六男として誕生。宝暦2年(1752年)3月9日生まれともされる。

始め分家である家格旗本寄合席南部信起(彦九郎、6代藩主・南部利幹の子)の婿養子となる。明和7年(1770年)4月4日、10代将軍徳川家治御目見する。安永2年(1773年)8月22日、旗本家の家督を相続する。安永3年(1774年)12月16日、本家である盛岡藩主・南部利雄の養子となる。それに伴い旗本南部家(3000石)は廃家となる。利雄との養子縁組は、利雄の実子・利謹の廃嫡に伴うものであった。

同年12月22日、将軍・徳川家治に御目見する。同年12月28日、従五位下・修理大夫に叙任する。後に大膳大夫に改める。安永9年(1780年)2月7日、利雄の死去により家督を相続する。天明元年(1781年)4月22日、在国の許可を得る。

天明4年(1784年)5月5日、死去、享年34。家督は2歳の慶次郎(後の利敬)が相続した。

系譜[編集]

子女は2男4女

参考文献[編集]