南部晴継

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
南部晴継
Nanbu Harutsugu.jpg
南部晴継像(もりおか歴史文化館所蔵)
時代 安土桃山時代
生誕 元亀元年(1570年[1]
死没 天正10年1月24日1582年2月16日
改名 鶴千代[1](幼名)、晴継
別名 通称:彦三郎[1]
戒名 興源院殿芳梢華公[1]
氏族 南部氏
父母 南部晴政[1]
兄弟 南部信直正室、九戸実親正室、北秀愛正室、晴継
テンプレートを表示

南部 晴継(なんぶ はるつぐ)は、陸奥国戦国大名南部氏25代当主。

略歴[編集]

元亀元年(1570年)、24代当主・南部晴政の嫡男として誕生。父・晴政は実子の誕生を諦めて叔父・石川高信の長男・南部信直を養子に迎えていたが、晴継が生まれると次第に信直を疎むようになり、天正4年(1576年)には信直を廃嫡して晴継を世子にした。

天正5年(1577年)、北信愛烏帽子親として元服した。なお、家督相続の時期に関しては、天正元年(1573年)、天正5年(1577年)、天正10年(1582年)の3説があるが、信直と晴政の養子関係が白紙になったのは天正4年(1576年)である。そのため天正5年説か天正10年説の2つに絞られるが、未だ幼少であることを考えると、天正10年(1582年)の父・晴政の病死後に家督を継いだものと思われる[1]

天正10年(1582年)、僅か13歳で疱瘡を病んで死んだ(『南部根元記』)[2]。父の葬儀を終わらせて三戸城に帰城する途上で、夜陰に乗じた暴漢に襲われて一命を落としたともいわれる[1]。この暴漢は、家督を狙っていた南部信直が指揮していたものとも、九戸政実が指揮していたものとも言われ、いずれも暗殺の可能性が高い。また異説では、父の晴政ともども南部信直の反乱によって殺されたといわれる。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 阿部猛; 西村圭子編 『戦国人名事典』(コンパクト版) 新人物往来社、1990年9月、591頁。ISBN 4-404-01752-9 
  2. ^ 菅野文夫 「戦国期糠部の一断面」、細井計編 『東北史を読み直す』 吉川弘文館、2006年、167頁。